山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

脳脊髄液減少症の最近のブログ記事

治療間隔は、どの位にすべきか!

高橋浩一 (2017年11月 1日 17:33) コメント(2)

ブラッドパッチを受けたけれど、効果が乏しい・・・ ブラッドパッチが一時的に効果を示したけれど、その後に悪化してしまった・・・ といった状態の時に、次のブラッドパッチを行うかどうかが選択肢になります。   ただし、ブラッドパッチとブラッドパッチの治療間隔が短いと、合併症発現率が高くなります。 最も厄介なのは、線維性筋痛症です。 http://www.takahashik.com/blog/... ………続きを読む

中京地区の方々へ

高橋浩一 (2017年10月28日 16:16) コメント(5)

先日放送、「脳脊髄液漏出症」の地方局での再放送の連絡が入りましたのでお知らせ致します。 http://www.takahashik.com/blog/2017/06/post-1121.html 10月30日(月)、中京テレビ「キャッチ」 16時台に少し短く編集されたものが放送される予定です。 中京地区の方々、是非、御覧下さい。 ニュース番組のため、番組が変更される場合があるので、ご了承... ………続きを読む

飲み過ぎは良くない

高橋浩一 (2017年10月25日 17:29) コメント(2)

脳脊髄液減少症克服のため、水分補給は大切です。 http://www.takahashik.com/blog/2016/05/post-988.html ただし、飲み過ぎは良くありません。   水分取り過ぎの症状として、   顔や手がむくむ 尿量が多くなる   さらには 頭痛 倦怠感 吐気、嘔吐 意識障害   などを生じ得ます。   血液検査では低... ………続きを読む

一期的に治療した特発性低髄液圧症候群に伴う慢性硬膜下血腫の11例

高橋浩一 (2017年10月17日 19:01) コメント(0)

一期的に治療した特発性低髄液圧症候群に伴う慢性硬膜下血腫の11例 Eleven cases for chronic subdural hematoma caused by spontaneous intracranial hypotension treated irrigation of the hematoma immediately after epidural blood patch 高... ………続きを読む

保険収載の恩恵

高橋浩一 (2017年10月17日 18:36) コメント(2)

先日の日本脳神経外科学会第76回学術集会 http://jns2017.umin.jp/ 「一期的に治療した特発性低髄液圧症候群に伴う慢性硬膜下血腫の11例」 の演題名で発表してきました。   思い返せば、まだブラッドパッチが保険収載されていない以前、ブラッドパッチと慢性硬膜下血腫手術を同時に行うと、自費診療になってしまうので、よほど血腫量が多くない限り、ブラッドパッチのみを行い、血腫... ………続きを読む

名古屋へ向けて

高橋浩一 (2017年10月 3日 19:34) コメント(4)

名古屋で開催される日本脳神経外科学会第76回学術集会 http://www.takahashik.com/blog/2017/08/post-1136.html   準備のためデータを整理していますが、定期的な画像評価による経過観察が重要と感じています。 http://www.takahashik.com/blog/2017/08/post-1134.html   また慢性硬... ………続きを読む

焦らない、焦らない!

高橋浩一 (2017年10月 3日 18:58) コメント(10)

40代の脳脊髄液減少症、女性。 ブラッドパッチ後、約3年を経て、完治に近い状態に回復しました。   この女性が回復のポイントとして語っていたのは、   焦らないようにする 睡眠を十分に取る 栄養をバランスよく摂る   だそうです。 当り前なような生活の基本ですが、とても重要です。 この女性は、焦ると、不安になって、眠れなくなる、食欲がなくなるという悪循環に陥る傾向があ... ………続きを読む

やって良い治療方法は?

高橋浩一 (2017年9月27日 17:22) コメント(3)

脳脊髄液減少症の方々、病状の程度から、どのような治療を受けたか、治療の反応など、個々に異なり、千差万別です。 回復のために、何をしたらよいか?何が有効か?も、個々で異なります。 なので、ある意味、思考錯誤でいろいろ試されて、自分に合う方法を見つけ出す事が重要と考えています。 http://www.takahashik.com/blog/2009/07/post-120.html やって良いのか、だ... ………続きを読む

髄液鼻漏

高橋浩一 (2017年9月24日 10:26) コメント(0)

鼻から水が流れでる場合、髄液鼻漏の場合があります。 外傷があって、鼻の近くの骨、および脳を包む硬膜、くも膜が破るために生じる外傷性髄液鼻漏が有名です。 外傷性髄液鼻漏が、安静などの保存的治療で治癒しなければ、髄膜炎のリスクなどあるので、手術の適用となります。 他に下垂体などの手術後に髄液鼻漏が生じる場合もあります。   時に明らかな外傷がなく、鼻から水が出る状態が慢性的に持続するような場... ………続きを読む

散歩するなら!

高橋浩一 (2017年9月19日 18:17) コメント(4)

散歩は、体力回復の有効な一手段です。 でも散歩するなら、漠然とするよりも、両手を意識的に動かしながら散歩した方が、能率が良くなります。 競歩とまではいかなくても、ゆっくりと手を歩行のリズムに合わせて動かしてみましょう。   他の散歩の工夫です。 http://www.takahashik.com/blog/2017/06/post-1119.html http://www.takahas... ………続きを読む