山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

メンタルトレーニングの最近のブログ記事

日誌をつけるために!

高橋浩一 (2017年1月29日 10:27) コメント(8)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 いかに練習日誌をつけるか!というテーマのお話しがありました。 日誌をつけるのは、面倒だし、何を書いて良いのか分からない・・・という意見もありましたが、しっかりつけると、自己分析につながります。 また将来を見据えるイメージトレーニングにもつながります。   脳脊髄液減少症と闘病中の方で、日誌をつけている方々がいます。 回復につ... ………続きを読む

人の力を引き出すには?

高橋浩一 (2017年1月 3日 15:39) コメント(4)

昨年最後の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「人の力を引き出すには?」 という興味深いテーマの話がありました。 http://dogatch.jp/news/nhk/41243   片倉小十郎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%80%89%E6%99%AF%E7%B6%B1 は、伊達正宗の名参謀として有名ですが、... ………続きを読む

不安をいかにコントロールするか?

高橋浩一 (2016年11月27日 14:51) コメント(8)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会   「不安をいかにコントロールするか?」   という問いに対し、皆様はいくつ答えられるでしょうか?   不安やストレスは、生活していく上で避けることができません。 ただ不安に対する対処方法があるのと、ないのでは、生活の質が変わってきます。   ポジティブ・シンキング 呼吸法 ルーチーン フォーカ... ………続きを読む

殻を作るのではない

高橋浩一 (2016年10月22日 17:00) コメント(2)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「なぜ、日本が世界に勝てたのか?」 リオ・オリンピックを振り返り、日本人の活躍の原因を考える貴重なお話しがありました。   日本の柔道チームでは   選手に自主性を持たせる 量でなく、質の練習 体力面に対する意識、知識を持つ 科学の力を利用する。特に相手からの分析に対して 組織力を高める   といったこと... ………続きを読む

メンタルの差

高橋浩一 (2016年9月24日 17:15) コメント(4)

リオ・オリンピック柔道。 男子は二つの金メダルを含む、すべての階級でメダルを獲得するという偉業を成し遂げました。 この活躍には、監督の井上康生氏、コーチの鈴木桂治氏の存在が大きかった可能性があります。   オリンピックでの勝負に対して、各国の選手達は、凄い努力をされてきます。 日本チームも同様で、今回のリオに限らず、血の滲むような激しい稽古を積まれてきたことでしょう。  ... ………続きを読む

笑顔パワー

高橋浩一 (2016年9月24日 17:03) コメント(2)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 7月30日にNHKで放送された、「助けて!きわめ人」について髙妻容一教授から解説がありました。 http://www.takahashik.com/blog/2016/07/post-1005.html 弱小少年野球チーム、勝てない要因は、チーム内に蔓延するマイナス思考でないかと考えた髙妻教授。 限られた時間で少年達に伝授したのは... ………続きを読む

失敗の活用法

高橋浩一 (2016年7月23日 15:37) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「失敗」について興味深い話がありました。 失敗は「やってみたが、上手くいかなかった事」とも言えます。 失敗しない人はいません。 失敗した時に、「悔しさをバネに」して、希望ややる気につなげていくのか、失望して、やる気をなくすのかで、次へのつながり方が変わってきます。 失敗を振り返り、その失敗がコントロール可能であったのか、どうか? コン... ………続きを読む

助けて!きわめ人

高橋浩一 (2016年7月23日 15:17) コメント(0)

毎週土曜日午前9:30, NHKにて、「助けて!きわめ人」が放送されています。 http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/ 7月30日は、東海大学 高妻容一教授が、勝てない野球チームに対してメンタルトレーニングを指導して、強くなるのかどうかという内容だそうです。 メンタルトレーニングの有効性が証明されるかもしれません。 是非、御覧頂けたら幸いです。 私も楽しみにしています。... ………続きを読む

凄過ぎて、アドバイスできない

高橋浩一 (2016年7月12日 18:32) コメント(4)

スポーツの問題の多くは、スポーツ心理学を応用すれば解決できるのではないかと考えています。 しかし、男子バドミントンの闇カジノの問題、特に、田児賢一さんの件は、非常に難しく、答えを見出せていません。 田児さんは、日本男子バドミントンチームの中では、ずば抜けた存在でした。 何度か日本選手権などで、直接、田児さんの試合を観てきましたが、試合中にコーチが、ほとんど田児さんにアドバイスをしない事に、何となく... ………続きを読む

できない事まで自信を持つ必要はない

高橋浩一 (2016年7月 5日 18:17) コメント(2)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「自信」について興味深いお話しがありました。 「自信」を持つことは大切です。 http://www.takahashik.com/blog/2016/04/post-978.html http://www.takahashik.com/blog/2014/01/post-699.html   では、何に対して自信を持つべきで... ………続きを読む