山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

メンタルトレーニングの最近のブログ記事

いかに平常心を保つか!

高橋浩一 (2017年9月24日 09:50) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 いかに平常心を保つか!について興味深いお話しがありました。 想定外の事には、時に遭遇してしまいます。 そんな時に、パニックにならずに、いかに冷静でいられるか!いつも通りの精神状態、平常心を保てるかが重要になります。   先月、行われたユニバーシアードで、男子サッカーチームが、3大会ぶり、5度目の金メダルを獲得しました。 ht... ………続きを読む

大切な試合の前、いかに過ごすか!

高橋浩一 (2017年6月25日 18:22) コメント(0)

先日、月刊ゴルフダイジェストから取材頂いたテーマは、 「大切な試合の前、いかに過ごすか!」 でした。 大切な試合の前、緊張して眠れない・・・なんていう経験は多くの方々が持たれていると思います。 http://www.takahashik.com/blog/2017/06/post-1118.html   情動の中枢は、大脳辺縁系と言われています。 脊椎動物の進化の過程におして、大脳辺縁系... ………続きを読む

朝のセルフ・コンディショニング

高橋浩一 (2017年6月25日 18:08) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 朝のセルフ・コンディショニングについて、興味深い話がありました。 朝のセルフ・コンディショニングとは、朝、起きた時に太陽にあたったり、散歩をしたりといったことをして、朝から一日の体調を整えていくスキルです。 医学的には、朝、太陽にあたる事でメラトニンというホルモン分泌が減り、体内時計が朝を認識します。 陽がくれると、メラトニン分泌が増... ………続きを読む

月刊ゴルフダイジェスト

高橋浩一 (2017年6月23日 08:09) コメント(2)

現在発売中の、月刊ゴルフダイジェストに記事を掲載頂きました。大一番で、いかに実力を出すかに!についてです。お読み頂けたら幸いです。 http://gd.golfdigest.co.jp/mgd// http://gd.golfdigest.co.jp/mgd/article/69298// これに関連したことを、本日の関東区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会にて、少しの時間、述べさせて... ………続きを読む

過換気症候群

高橋浩一 (2017年5月27日 18:01) コメント(6)

生物は、体液のバランスが狂うと、どうにも体調が維持できません。  血液中の酸性、アルカリ性のバランスが乱れても、体調が崩れます。  このバランスには、呼吸が大きな役割を果たしています。呼吸による換気が少なければ血液は酸性に、換気が多ければアルカリ性に傾きます。 呼吸が早くなり過ぎると、過換気症候群という、全身のしびれや動悸、めまいなどが出現する症候群になることがありま... ………続きを読む

緊張について

高橋浩一 (2017年5月27日 17:51) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 緊張について、興味深い話がありました。 緊張は、良いものでしょうか?悪いものでしょうか?  私は、緊張は、大切と考えています。 緊張感なしには、事はなしえません。 問題は緊張によって、良いパフォーマンスにつなげられるのか、パフォーマンスが低下するのかです。適度な緊張は、理想的心理状態を作... ………続きを読む

サイキングアップ

高橋浩一 (2017年5月 3日 12:13) コメント(4)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 リラクゼーション、サイキングアップといったメンタルトレーニングの基本的なスキルについてお話しがありました。   リラクゼーションとは、心のストレッチと言われ、気持ちを静めるためのスキルです。 サイキングアップとは、心のウォーミングアップと言われ、気持ちを高めていくために重要なスキルです。   これらを適切に行う事で... ………続きを読む

日誌をつけるために!

高橋浩一 (2017年1月29日 10:27) コメント(8)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 いかに練習日誌をつけるか!というテーマのお話しがありました。 日誌をつけるのは、面倒だし、何を書いて良いのか分からない・・・という意見もありましたが、しっかりつけると、自己分析につながります。 また将来を見据えるイメージトレーニングにもつながります。   脳脊髄液減少症と闘病中の方で、日誌をつけている方々がいます。 回復につ... ………続きを読む

人の力を引き出すには?

高橋浩一 (2017年1月 3日 15:39) コメント(4)

昨年最後の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「人の力を引き出すには?」 という興味深いテーマの話がありました。 http://dogatch.jp/news/nhk/41243   片倉小十郎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%80%89%E6%99%AF%E7%B6%B1 は、伊達正宗の名参謀として有名ですが、... ………続きを読む

不安をいかにコントロールするか?

高橋浩一 (2016年11月27日 14:51) コメント(8)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会   「不安をいかにコントロールするか?」   という問いに対し、皆様はいくつ答えられるでしょうか?   不安やストレスは、生活していく上で避けることができません。 ただ不安に対する対処方法があるのと、ないのでは、生活の質が変わってきます。   ポジティブ・シンキング 呼吸法 ルーチーン フォーカ... ………続きを読む