山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

月別

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

最後の班会議

先日、AMED: Japan Agency for Medical Research and Development (日本医療研究開発機構)での 

脳脊髄液減少症の非典型例及び小児例の診断・治療法開拓に関する研究 

平成30年度第二回班会議が開催され、出席してきました。

http://www.takahashik.com/blog/2018/06/post-1243.html

AMEDとしての本研究は、今年度で終了となります。

この11年間、ブラッドパッチの保険収載をはじめ、かなりの成果があったと思います。

特に研究班発足当時からメンバーであった篠永正道先生、本当にお疲れ様でした。

アゲインストの風が強い中、多大な御苦労があったと推察します。

形は変わっても、脳脊髄液減少症の治療成績向上のため、今後も頑張っていきますので、応援よろしくお願い申し上げます。


高橋浩一 (2019年3月24日 08:27) コメント(2)

コメント(2)

高橋先生

長らくのご尽力、本当にありがとうございました。
保険適用になったのは、とても大きな成果だと思います。また先生方のお力のおかげでこの病気が周知されるようになり、原因不明で苦しんでいた方々がたくさん救われたと思います。私の周囲だけでもお二人がこの病気と判明して治療を受け、今はそれぞれに活躍されています。
私自身も先生方のお力がなければ、再び研究者としてやっていくことは不可能だったと思います。
この機会に改めてお礼申し上げます。

山室真澄様

コメントありがとうございます。

班会議は大変でしたが、山室様はじめ、理解頂いている方々の支援、そして治療で改善した症例の数々が支えになっています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。