山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

月別

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

社会性について

脳脊髄液減少症の診療をしていて、回復に「社会性」が大切なのではないかと感じはじめています。

治療で頭痛が改善しても、社会に適応できないために復学、復職できない症例が、少なからず存在します。


こんな症状がしんどいのに、どうやって社会性まで余裕を持たせるのか?


というご尤もなご意見は当然ですが、体調不良で外に出れない、学校に行けない時間が長期になれば、なるほど、この影響は見られる感じです。

簡単な事ではないですが、体調不良で外出できない、通学できない、就労できない状態であっても、何らかの形で、なるべくなら同じ年代の方々とコミュニケーションをとる機会を作り、社会性を少しでも高めて行くことは大切と思います。


高橋浩一 (2019年1月30日 17:17) コメント(2)

コメント(2)

高橋先生

復職はかなりの勇気とパワーが必要でした。
でも、理解ある職場だったので、まずは半日からスタートさせてもらい、徐々に時間を伸ばしていきました。

人と関わったり仕事に集中することで、痛みや不調を忘れられたことがよくありました。
脳脊髄液減少症の回復に、社会性は必要だと身をもって感じています。

自身がない方、まずはやってみる、なんてどうでしょうか。

MK様

コメントありがとうございます。

理解が乏しい世界では、特に社会性は大切と思います。

それから

>まずはやってみる

とても大切と思います。あれこれ考えていても、結局の所、やってみないとわからない事が多いので!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。