山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

月別

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

ブラッドパッチは完璧な治療か?

脳脊髄液減少症に対して、ブラッドパッチは有効な治療法です。

ただ、あくまで髄液の漏出を止めるだけの治療なので、体力を回復させたり、技能を向上させたりなどなど、治療以外の部分もかなり大きいと考えています。

なかには、どんなに頑張っても、倦怠感や頭痛などのため、生活に支障を来す方々もいます。

http://www.takahashik.com/blog/2017/07/post-1130.html

そういった方々から、

「どうしたら良いのか?」

という、至極当たり前の質問を頂きます。

そこに対して、特効的な回答があれば良いのですが、なかなか難しい問題です。

生活習慣を整え、現状でのベストに集中していくというのが、一つの重要な方法と考えています。

悪いことでなく、良くなった症状に目を向けていくことも大切と思います。

http://www.takahashik.com/blog/2013/04/post-610.html


高橋浩一 (2018年12月22日 16:12) コメント(5)

コメント(5)

高橋先生

ブラッドパッチを数回しても、数年間症状が改善しなかった子供が、ある日突然人が変わったように元気になる症例を聞きました。

それは、治療をしたからなのでしょうか?
逆にブラッドパッチをしなかったら、そのまま改善しなかったと考えられますか?

MK様

コメントありがとうございます。

そのような症例は時々、経験します。

ただ、これが治療効果なのかどうかは、なかなか判断が難しいものです。

症例を積み重ねて、知見を増やしていきたいと思います。

高橋先生、はじめての投稿です。

お忙しいとは重々承知の上ですが、申し訳ありませんが
質問させていただきます。

髄液の漏れている箇所がわかっている場合、BPをするか、外科的修復手術をするか の 選択の決め手 は ありますか?
また、脊髄、脊椎手術後のパッチはあまり、、、と書き込みされている方がいらっしゃいますが、明確に否定している文献などが見つからず、実現場ではどう判断されているのでしょうか?

私事で恐縮ですが、腰椎椎間板ヘルニアの摘出手術のあと、体調不良でほぼ寝たきりになり、心療内科ではうつとの診断がされ 5ヵ月が過ぎ、今になって やっと 起立性頭痛や倦怠感の正体が 髄液漏れ(であろう)ということになり、戸惑っています。今でもほぼ寝たきり生活です。

近くにBPのできる病院が見つからないため、ヘルニアの手術をした病院にて修復手術が出来るのか(まだ外来で相談していないため可不可はわかりません) 山王病院を予約させていただくか、どのようにすべきか 判断できないのです。

BPか修復手術か。出来るのか出来ないのか。
一般論でかまいません。よろしかったら教えていただきたいです。

おおあき様

コメントありがとうございます。

一般論ですが、手術後の髄液漏出で、漏出部位が明らかな場合は、修復手術になることが多いです。

ご快復を心よりお祈り申し上げます。

高橋先生、返信ありがとうございます。

整形外科で相談しましたところ、いろいろ問答ありまして
結論「そんなわけない。たとえ漏れても勝手に止まるんだから。前より良くなってるなら問題ない」とのことで。

多くの先人たちのように、そうなるだろうなと予想はしていましたが、これですっきり 専門の先生に診ていただこう、という気持ちになり、今は 前向きに 徹底した安静臥床 を心がけております。

ありがとうございました。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。