山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

ウイルス疾患罹患とブラッドパッチ

ブラッドパッチを予定しているけど、


発熱している

ひどい咳が続いている


などの体調不良の時に、どうすべきか?


ブラッドパッチは、硬膜下血腫合併以外は、緊急性を伴う治療ではありません。

発熱や咳などが落ち着いてから、治療を受けるべきと考えています。



麻疹などウイルス疾患罹患後の治療に関しては、以下サイトの「ウイルス性疾患罹患後の麻酔・手術」を参考に頂ければと思います

http://www2.nms.ac.jp/hokuane/about/protocol/protocol_3.html


予防接種に関しては、ブラッドパッチとの間隔は1カ月以上あけるようにと指導しています。

http://www.takahashik.com/blog/2016/09/post-1021.html


高橋浩一 (2018年11月25日 09:15) コメント(0)

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。