山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

脳脊髄液動態の進化と恒常性

第46回日本頭痛学会総会

http://www.c-linkage.co.jp/46jhs/

シンポジウム7「脳脊髄液動態の進化、恒常性、臨床:Up Date」

http://www.takahashik.com/blog/2018/11/post-1284.html


神経発生学、解剖学、そして臨床の観点から脳脊髄液研究を考えるセッション、様々な知見や質問、コメントが飛び交いました。


特に髄液の基礎研究は生理学、発生学、解剖学が重要と考えていますので、船越先生、三浦先生から貴重な意見を伺えたのは、非常に幸いでした。

http://www.takahashik.com/blog/2018/06/post-1239.html

それから臨床の観点から、平井先生のHANSの話、さらに黒岩先生の脳脊髄液の恒常性として視床下部、脳室周囲器官の役割についての熱演があり、非常に有意義な学会だったと感じています。

このシンポジウムで得た知見を、しっかりと診療に生かしていきたいと思います!

高橋浩一 (2018年11月20日 19:39) コメント(0)

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。