山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

にふくさんたん

日本女子バドミントンチーム、アジア大会優勝おめでとうございます。

バドミントンの団体戦には、いくつかのパターンがあるのですが、このアジア大会では男女とも二複三単、つまりお互いに二つのダブルスと三つのシングルスで戦いあって、先に3勝した方が勝利する方式でした。

私が大泉西中時代に、初めて団体戦のメンバーに加えて頂い時の大会に、採用されていたのが、この二複三単でした。

団体戦に関する思い出が、たくさんあるので、アジア大会を懐かしいというより、中学時代に戻った気持ちで応援していました。

バドミントンを観ていると、どうしてもプレーしている気持ちになり、つい「ナイスショット!」といった声が出てしまいます。

そして試合終了後は、何だか、特に右手が疲れています。

日本のバドミントンチームが強くなってくれたおかげで、バドミントンがメジャーとなっており、とても嬉しく思っています。


http://www.takahashik.com/blog/2018/08/post-1257.html


余談ですが、先日、非常に久しぶりに大泉西中のバドミントン部の練習に参加させて頂きました。

西中訪問は、平成23年以来です。

http://www.takahashik.com/blog/2011/11/post-420.html

その時は、バドミントン部は、女子部しかなかったと伺っていましたが、今は、部員が男女合わせて30人以上で嬉しく感じました。

現在、西中時代の先輩が、学外コーチとして指導に当たられています。

日本バドミントンチームと同様、大泉西中バドミントン部の活躍を心より応援いたします!



高橋浩一 (2018年8月26日 12:36) コメント(0)

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。