山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

脳科学的に子育てを考える

キッズトケイKIDS-TOKEI 6月号に、

https://www.kids-tokei.com/index.html

「脳科学的に子育てを考える」のタイトルで記事を掲載頂きました。

子育ては、難しいもので、何が正解かは良くわかりませんが、私が考える子育て論を述べさせて頂いています。

脳脊髄液減少症についても解説させて頂きましたので、認知度向上につながればと思います。

かわいい子ども達の写真に紛れておりますが、お読み頂けたら幸いでございます。

貴重な機会を頂きました関係者方々へ心より感謝申し上げます。

高橋浩一 (2018年6月 5日 18:51) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生
今、時代が比較的安定して?いるので、一億総総子育て評論家状態です。
なかには、無茶苦茶な理論を振りかざしているものや、そこまでもいかずに児童虐待に導くような場面も見られます。
どのような考えをもつべきなのか、親の側に明確な意志がもとめられます。
その指針のひとつとなる高橋先生のお考えは、とても重要だと思います。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

一億総総子育て評論家状態とは、頷いてしまいます。

それぞれの子育て論があるのは、自然なことと思います。

虐待は小児神経外科学会でも話題になっていました。親も家族も医療従事者も一生懸命、身を粉にしても救えない命がある一方で、虐待は、どうしても許せません。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。