山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

2018年3月アーカイブ

睡眠について

高橋浩一 (2018年3月28日 18:23) コメント(5)

だるさ、倦怠感に対して当たり前ですが、睡眠が重要です。いかなる薬剤よりも効果的ではないかと感じております。http://www.takahashik.com/blog/2013/12/post-684.htmlなかなか十分な睡眠がとれないという方もいますが、何とかして、しっかり睡眠を確保して頂きたいです。睡眠を妨げる要因として、日中、太陽に当たる時間は少ないhttp://www.takahashi... ………続きを読む

すっかり春です

高橋浩一 (2018年3月25日 11:59) コメント(3)

春ですね!これからだんだんと暑くなってきます。特に急に暑くなる日には水分補給が重要になってきます。飲み過ぎに注意しつつ、水分補給を心がけましょう!http://www.takahashik.com/blog/2017/10/post-1159.htmlhttps://www.youtube.com/watch?v=Jay39QCasZk ... ………続きを読む

脳脊髄液減少症と体位性頻脈症候群

高橋浩一 (2018年3月25日 11:18) コメント(4)

第17回日本脳脊髄液減少症研究会http://www.csfh17.com/光藤尚先生の会長講演は、「脳脊髄液減少症と体位性頻脈症候群」でした。脳脊髄液減少症を疑う症例の中に、体位性頻脈症候群 Postural orthostatic tachycardia syndrome, POTSを認めた症例のご経験から、脳脊髄液減少症とPOTSの関係を検討されてきました。脳脊髄液減少症とPOTSとは、症状... ………続きを読む

それゆけぼくらのファイターズ

高橋浩一 (2018年3月21日 11:03) コメント(2)

間もなくプロ野球、開幕です。今シーズンも日本ハムファイターズの活躍を応援します。笑う事は大切なので、勝っても、負けても笑う事を忘れないように観戦したいと思います。そして、シーズン終了には、喜びの中、ファイターズ賛歌を再び歌えたらと願っています。http://www.takahashik.com/blog/2016/11/post-1049.htmlファイターズ賛歌 祝勝会.mp4ファイターズ賛歌.... ………続きを読む

平昌パラリンピックを見ていて

高橋浩一 (2018年3月21日 09:35) コメント(6)

平昌パラリンピックを見ていて、競技されている一人一人の方々からパワーと感動を頂いています。国、地域、障害の程度、勝負を問わず、頑張っている姿を見ていると、涙すら出てきます。なぜ頑張れるのか?一言で語れるような簡単なことではないでしょうが、目標、モチベーションが保たれているということに関しては、多くの選手達が当てはまっているのではないかと思います。我が国では、平成26年、身体障害者393万7千人、知... ………続きを読む

五苓散の薬理作用

高橋浩一 (2018年3月13日 18:34) コメント(11)

第17回日本脳脊髄液減少症研究会http://www.csfh17.com/東京理科大学薬学部 応用薬理学教室の磯濱洋一郎先生より「五苓散の薬理作用とアクアポリンの密接な関係」という非常に興味深い講演を頂きました。以前、第23回日本脳神経外科漢方医学会にて「脳脊髄液減少症症例に対する漢方治療 -特に利水剤 (五苓散) についてー」の演題名で発表させて頂いたことがありますが、http://www.t... ………続きを読む

相沢病院

高橋浩一 (2018年3月13日 18:18) コメント(2)

こういう記事、ジーンときます。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00010000-yomonline-life「単に長野県の人が地元のコーチのもと、県内で一生懸命にスケートを極めようとする中で困り果てて助けを求めている。それに応えないのは、『義に反する』と思った」との慈恵の大先輩である相澤先生の言葉、重たく感じます。太っ腹なんてものではない、人... ………続きを読む

脳脊髄液減少症の温故知新

高橋浩一 (2018年3月 6日 18:06) コメント(5)

第17回日本脳脊髄液減少症研究会http://www.csfh17.com/埼玉医科大学神経内科 田村直俊教授より「脳脊髄液減少症の温故知新 Scaltenbrandの業績を中心に」という、非常に興味深いご講演を頂きました。Scaltenbrandは、第17回日本脳脊髄液減少症研究会のポスターに掲載されている写真の偉大な先生です。Scaltenbrandは、1938年に髄液漏出を伴わない特発性髄液... ………続きを読む

起立性不耐症

高橋浩一 (2018年3月 6日 17:32) コメント(11)

先日、起立性不耐症医療講演会http://eventregist.com/e/oi2018?lang=ja_JP/が行われ、参加してきました。講演を聴かせて頂いていると、めまい、ふらつき、倦怠感などの不定愁訴医療界からの理解が乏しく、しばしば「心の問題」と判断される立位で症状が悪化し、臥位で症状改善などなど、まるで脳脊髄液減少症についてのスライドを見ているかのようでした。第17回 日本脳脊髄液減少... ………続きを読む

小児期発症の脳脊髄液漏出症

高橋浩一 (2018年3月 4日 09:12) コメント(2)

第46回日本小児神経外科学会http://jspn2018.umin.jp/「小児期発症の脳脊髄液漏出症ー198例における病態解析―」の演題が採択されました。まだまだ認知度の低い脳脊髄液減少症、特に学童、小児期発症症例について、一人でも多くの先生方にご理解頂けるよう、頑張ってまいります。皆様の応援を、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 ... ………続きを読む