山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

ノルディック複合

平昌オリンピック、ノルディック複合の渡部暁斗選手、二大会続けての銀メダル獲得、おめでとうございます。

https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/nordic/news/201802240000630.html

キング・オブ・スキーと言われている、この複合競技で、しかも肋骨骨折の状態で、すごいと思います。

とても元気と勇気と感動を頂きました。

...........................................

話は変わり、私はの勤務態勢として、午前中にブラッドパッチなどの治療を行い、午後に外来診療を行うパターンが多いです。

外来では多くの方が来られますので、なるべくお待たせしないように外来を進めるために、いかに早い時間から始めるかが鍵になります。

そのために、午前中の治療が早く終われば、それだけ早く午後の診療が始められます。

一方で、午前中の治療に時間がかかると、診療開始時間が遅れます。

午前中の治療が速やかに終わり、早く診療を始められる感覚は、ノルディック複合の前半ジャンプで高得点を獲得し、後半のクロスカントリーのスタートが早くなるのと、なんとなく似ています。

逆に午前中の治療に時間がかかると、なかなか診療が始められず、ジャンプで失敗し、クロスカントリーでなかなかスタートできない状況に似た感覚に陥ります。

ノルディック複合競技を見ていると、そんな遊び心を持ってしまいます。

高橋浩一 (2018年2月28日 18:21) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生
渡部選手は2大会連続の銀メダルすごいですね!
しかも、骨折していたなんて。
普通なら、参加を取りやめていたところですよねー。
高橋先生もお忙しくなさっているのですね。
新卒の頃、「仕事は、できる人のところに廻って来るようになっている。」と上司にいわれたことがあります。
businessは、busyの名詞形ですから、忙しいのは当たり前といえば当たり前なんですが、やはり、余裕を持って取り組みたいですね。残業100時間が大きな話題になりましたが、それくらいは結構フツーの業界なんで、きちんと時間で終われる職種は、やはり、羨ましいです。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

忙しいのは、ご指摘の通りありがたいので、日常でも、なるべく「忙しい」と言わないようにしています。
つい「忙しい」と口にしてしまうと、忙しさ倍増の気分になってしまうこともあるので!

高橋浩一 先生
「忙しい」は、「心が亡ぶ」と書きますもんね。
思ったら平静を失ってますよね。

あきちゃんで~す様

心が亡ぶより、busyの方が良いですね!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。