山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

神経疾患最新の治療

先日、南江堂より発売の「神経疾患最新の治療2018-2020」

http://www.nankodo.co.jp/g/g9784524252190/

低髄液圧症候群の項を担当させて頂き、

患者への説明のポイント

疾患の解説

診断と検査

治療の一般的内容

など、述べさせて頂きました。

またTopicsとして、HPVワクチン関連免疫異常症候群 (HANS) に髄液異常が合併している可能性について触れています。

何らかのお役に立てたら幸いです。

.............................................

「神経疾患最新の治療2018-2020」

3年ごとの刊行で、年々進歩する神経疾患の診療の指針、最新情報を提供する。
巻頭トピックスでは、骨髄性幹細胞(MSC)、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の神経疾患治療への応用や、Alzheimer病治療薬の開発の展望など、話題の10テーマを取り上げる。
各論では、緊急時の症候とその対処法、各治療手技、神経疾患のリハビリテーションを解説し、疾患別各論として脳疾患、脊椎・脊髄疾患、末梢神経疾患、筋疾患、内科関連の神経疾患を網羅。巻末では、進行中の大規模臨床試験、神経疾患の医療福祉・介護施策、治療ガイドライン一覧を掲載。

高橋浩一 (2018年1月28日 10:13) コメント(0)

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。