山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

重い言葉

「『脳内の地雷』に最先端技術で挑む」 BS-TBS 10月28日(土)放送分

http://www.bs-tbs.co.jp/?mid=yumenokagi

東京慈恵会医科大学脳神経外科 村山雄一教授の言葉、特に

「考えた事を試してみると、99%は上手くいかない。そこであきらめずに頑張るかどうか」

という感じの言葉、とても刺激を頂きました。

 

村山教授は、私の一年上の先輩です。一学年しか違わないので、研修医の頃、留学中、そして現在も多くの御指導を賜ってきました。

凄さを知っているだけに、重い言葉に感じました。

............................................................

『脳内の地雷』と言われる血管のコブ、脳動脈瘤。もし破裂し、くも膜下出血を起きれば3割の患者が命を落とすといわれる。この脳動脈瘤を破裂させないために行うのが、コイル塞栓術という治療法だ。この分野で数々の技術革新を行ってきたのが、世界的な名医、東京慈恵会医科大学の村山雄一教授だ。手術はまず脳動脈瘤の患部に大腿部の動脈からカテーテルを到達させる。次に、このカテーテルの管の中に細いコイルを通し、このコイルで脳動脈瘤の患部をグルグルと埋めて、塞いでしまうのだ。これまで村山教授は、絶えず手術の問題点を洗い直し、数々の技術革新を行ってきた。例えば、大学の脳血管内治療センター内には医師だけでなく、東京理科大学のエンジニアたちを集結させ、動脈瘤の実物大の3Dモデルを作成。手術前には必ず3Dモデルに合わせてカテーテルの形を形状記憶させ、手術の安全性を格段に高めてきた。その村山教授が今、力を入れているのが血流のコントロールだ。そのために、このプロジェクトに参加した東京理科大の研究チームが、暗闇の中で不思議な実験を行っていたのだった...。

 

 

高橋浩一 (2017年11月 3日 13:05) コメント(3)

コメント(3)

高橋浩一 先生
御紹介ありがとうございます。
私自身も、爪の変色という素人では見過ごしてしまいそうな軽微な?症状から悪性腫瘍を発見していただいて、ステージIIIから生還できた経験を持つだけに、「Drの見識」の大切さを身をもって感じている者です。

全てのDr、いや、全ての社会人に村山教授教授の眼のような考え方があれば、素晴らしい世の中になると思います。

高橋浩一 先生

慈恵医大脳神経外科の高尾准教授が脳しんとうを発見するアプリを考案したというニュースも出ていました。ヨミドクです。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171106-OYTET50011/
教育界でもそうなんですが、医学界でも臨床的対応以上に予防的対応は重要と思われます。
そういうことに力を注いでくださるDrのご尽力に感謝します。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

慈恵の脳神経外科は、医療の技術だけでなく、アプリの開発などを進める所が凄いと誇っております。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。