山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

飲み過ぎは良くない

脳脊髄液減少症克服のため、水分補給は大切です。

http://www.takahashik.com/blog/2016/05/post-988.html

ただし、飲み過ぎは良くありません。

 

水分取り過ぎの症状として、

 

顔や手がむくむ

尿量が多くなる

 

さらには

頭痛

倦怠感

吐気、嘔吐

意識障害

 

などを生じ得ます。

 

血液検査では低ナトリウム血症を認めます。

 

水分補給は大切ですが、飲み過ぎにて脳脊髄液減少症を疑うような頭痛、倦怠感も生じ得ます。

その場合、飲めば飲むほど、症状が悪化します。

飲み過ぎかどうか、わからない場合は、病院で血液検査をしてみると良いでしょう。

 

40代の女性。

水分補給が大切と、水分補給をかなり意識していました。

一時期は水分を補給すると、頭痛が軽減していたのですが、ある時期、水分補給しても全く頭痛が軽減しなくなりました。

さらに水分を多く摂ると、頭痛に加えだるさも出てきました。

血液検査をするとナトリウムが128mEq/L と低下していたため、水分補給を抑えると、頭痛と倦怠感が改善しました。

彼女曰く、

「飲めば良いというものではないと認識しました。」

これから寒くなりますので、夏に比べれば水分摂取量は減ります。脱水には注意しつつも飲み過ぎにも気をつけましょう!

 

高橋浩一 (2017年10月25日 17:29) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生
何事にも「過ぎたるは及ばざるがごとし」は言えると思う感じていますが、病気療養には特に大事だと一患者として体感しています。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

成功も上手くいかない事も経験を次に生かせるかどうかでしょうね!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。