山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

関ヶ原

先日、映画「関ヶ原」を観てきました。

http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

400年以上前の日本を体感したような想いでした。

三条河原の公開処刑という、現代の日本では、ありえないショッキングなシーンからはじまり、石田三成の処刑で終わる・・・

司馬遼太郎さんの小説を読んでいましたので、ストーリーは頭に入っていたものの、改めて、平和日本を感じました。

高橋浩一 (2017年9月19日 18:29) コメント(3)

コメント(3)

高橋浩一 先生

関ヶ原の戦いは、戦術や戦局も含めて、文字通り、戦国時代のクライマックスを飾る出来事だと思います。

それから260年後に、あのとき西軍の総大将ながら動かなかった長州の毛利氏が。結局は江戸幕府を倒すこと、江戸城の桜田門が今の警視庁になっていること、ペリー来航にそなえたお台場がフジTVをはじめとする観光地になっているこのなどを考えると、脈脈たる歴史のつながりを感ぜずにはいられません。

そういえば、築地の市場も六本木ヒルズも…もとはといえば、大名の参勤交代の江戸屋敷跡たったんですよね。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

徳川が江戸を選ばなければ、警視庁もお台場も、なかったか別の形になっていんでしょうね。

非常に興味深いです。

高橋浩一 先生
徳川が江戸を選んだのは、本能寺の変と深い関係があります。明智が織田の次の標的に選んだのが徳川だったからです。
大阪にいた徳川は、大阪の佃村の漁師に助け舟を出してもらい、江戸に逃げます。
その人たちの江戸移住を許し、江戸湾の漁業が栄えます。
取れ過ぎた魚を醤油で煮て保存したのを「佃煮」ということの語源です。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。