山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

ブラッドパッチの判断

ブラッドパッチをしようか、しまいか、判断に迷っているという相談を良く受けます。

簡単に言えば、自分の症状に対して、ブラッドパッチの有効性、リスク、時間、費用を比べて判断すべきです。

腰椎椎間板ヘルニアという疾患があります。腰痛や足のしびれの原因となり、症状が強い場合、手術治療が選択肢となります。

「手術する?」という話をして、手術をしてでも、症状を治したいと考える人がいる一方、手術まではしたくないという人もいます。

手術を希望されない方は、症状と上手く付き合っていく方法を考えていきます。

脳脊髄液減少症に関しても、同様な考えはありと思います。

ちなみにブラッドパッチのリスクは

http://www.takahashik.com/blog/2015/02/post-831.html

を参照下さい。

同時に保存的加療にもリスクはあります。

http://www.takahashik.com/blog/2015/04/post-850.html

リスク、リスクとうっとうしいと感じられる方々も多いかと思いますが、リスクのない方法はありません。

難しいことではありますが、どうすべきか、いたずらに情報に左右されずに治療の判断を頂けたらと思っています。

 

 

高橋浩一 (2017年7月18日 19:51) コメント(2)

コメント(2)


約7年前に脳脊髄液減少50%との診断で、その時はブラッドパッチはうけず自然治癒しましたが7年間の間に階段から落ちたり等、体に衝撃を加えてしまった事があったからなのか7年前と同じ症状で苦しんでます。すぐに山王病院に予約の電話を入れましたが10月まで予約がいっぱいと言うことでしたので予約を入れましたが今回は先生の診察結果の上ですがブラッドパッチをうけたいと考えています。

とにかく今の症状が辛すぎます(泣)

間彦様

コメントありがとうございます。

診察、お待ちしています。

御回復を心よりお祈り申し上げます。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。