山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

できる事を積み重ねる!

脳脊髄液減少症を患われた20台の女性。

ブラッドパッチを受け、回復しました。

しかし、長いブランクで、筋力低下などあり、本調子には、まだまだほど遠い状態です。

体力回復のため近くのスポーツジムに行き、体力測定をしてもらうと、下半身の運動能力が、かなり低下していると言われました。

しかし、その状況に反して上半身は、まずまずの状態と、スポーツジムのインストラクターは驚かれました。

理由を考えてみると、具合悪くて寝たきり状態の時期でも、腹式呼吸を中心とした腹筋や、両手を動かす運動を、可能な範囲で心掛けていたのが大きいのではとの事でした。

http://www.takahashik.com/blog/2016/11/post-1042.html

体調悪くても、できる事を、こつこつと積み重ねることが重要と改めて感じました。

 

高橋浩一 (2017年5月31日 17:38) コメント(6)

コメント(6)

高橋先生

できる事を積み重ねる!まさにこの疾患を診てくださっている専門とされる先生方のことですね!先生方のお陰で今の状況があると思います、感謝しております。

先月、娘の高校生活最後の体育祭がありました。競技には参加できませんでしたが応援団の衣装を作ったり本人なりに楽しんでたようで当日は満面の笑みの写真撮影でした。その後は点滴のお世話にもなりましたが、楽しい思い出が残せました。
そして、娘はかかりつけの救急外来で点滴をすることが多いのですが、頭痛やだるさ、吐き気、めまいなど急速点滴をすると治るのか各科の医師、看護師、師長が初めてのことで皆不思議に思うようです。高橋先生からの指示が少しずつでも医療従事者の知識になり興味をもってくれたら嬉しいなと思ってます。

高橋浩一 先生
特に、入院を要するような長期の療養に入ると、「できなくなってしまったこと」ばかりに考えがおよびがちになると思います。
しかし、これは、過去の事に目が向いていることにほかなりません。未来的思考のためには、やはり、いまできていること、これからできそうなことにめをむけるほうが、ずっと建設的ですよね。

りんりん様

コメントありがとうございます。

高校生活最後の体育祭、参加できたようで何よりです。

話は変わり、確かに私達も、できる事を皆様のサポートを頂きながら積み重ねてきた感じがあります。

今後も頑張っていきましょう!

あきちゃんで〜す様

コメントありがとうございます。

未来的思考、大切ですね!特に体調不良の時は考えがネガティブになりがちですから、尚更と思います。

高橋先生
患者さん達が回復していく様子を拝見すると元気が出ますね、ありがとうございます。
先生の技術はもとより、ご本人の地道な努力と「良くなろう!」という前向きな気力に敬服致します。
これからも、皆様どんどん元気になりますように!

Smile様

コメントありがとうございます。

治療だけでは回復に限界があるので、いかに本人の気持ちを前向きに持っていくことが重要と考え、日々、勉強を重ねております。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。