山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

数学オリンピック金メダリスト

先日、日本人女性として初めての数学オリンピック金メダリスト、中島さち子さんの演奏を聞いてきました。

日本人女性として、最もインテリジェンスのが高い方と言われています。

高校の校歌をジャズにしたり、参加者から音のキーを5つほどもらうだけで、即興で作曲されたり、とにかく凄かったです。

なんだか頭脳、知的さがとても伝わってきた演奏でした。

..............

数学が好きになるにはどうしたら?

との質問に、「本当に好きになるには時間的、精神的な余裕が必要です。πを「3」として計算する「ゆとり教育」がありましたが、それは本質ではない。

「ゆとり」というなら例えば、πを10桁まで計算してみる。

そうすれば、「無理数」の不思議さも実感でき、数学の神秘に触れられる。 数学は思考と感動の学問。教える側もあきらめず、小さなことでも「わかった!」と体験させることが必要だと思います。 」

 と、答えられていました。

http://globe.asahi.com/feature/100201/03_2.html

 

アスリートで、金メダルを獲得されるような一流選手の言葉には、重さ、感動、そして様々な事を考えさせられることがありますが、さすが数学オリンピック金メダリスト、ゆとりの捉え方一つから、物が違う感じでした。

考えて、不思議さと神秘さを感じて、好きになる!何事にも共通することです。

「ゆとり」は、楽をするのでなく、考える時間に余裕を持つという視点、的確な言葉で表現されるあたりも、本当に凄い!と感じております。

数学とは?との問いに以前、「微分、積分、良い気分」と答えた私と雲泥の差があります。

 

高橋浩一 (2017年4月11日 18:59) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生
ゆとり教育が始まった当時は、国立大の附属中学に在職していたので、考案者の寺脇研氏らとも一緒にお仕事していました。
失敗だったとのご批判には、私の立場から言わせていただければ、根本的な理解にも、実際の運用にもかなりの誤解があったように感じています。
今の方向転換にも、ゆとりの考え方は随分入っています。
国の行政が隅々まで間違いなく行き届くことは、本当に難しいです。

笑笑笑!

先生、それ、とってもおもしろいです ^^
「微分、積分、良い気分」♪♪

何度も言いたくなりますね〜数学のテキストを開きたくなってきました〜 ♪♪


あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

教育を考える上にも、ゆとりをどのように有効に活用するかが重要なんでしょうね。

「ゆとり」ひとつでも、難しい問題に思えてきました。

アリス様

コメントありがとうございます。

セブン・イレブン・良い気分のパクリです。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。