山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

脳脊髄液減少症と視機能

日本神経眼科学会

http://www.shinkeiganka.com/

学会誌「神経眼科」

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/shinkeiganka/-char/ja

話題にて

 「脳脊髄液減少症と視機能」投稿させて頂きました。

 

脳脊髄液減少症に伴う視機能障害に対して、客観的なデータが少しずつ増えてきています。

眼科領域からの評価により、脳脊髄液減少症に対する病態解明、そして認知度向上につながるはずです。

貴重な機会を頂きました方々、御指導頂きました先生方に心より感謝申し上げます。

http://www.takahashik.com/blog/2016/03/post-963.html

 

高橋浩一 (2016年10月22日 16:52) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生
素人考えでも、目が疲れると頭痛がしたりするわけですから、目と脳は密接に関係していることは明白です。
逆に、視覚障害から脳脊髄液減少症を推定してくださるようなDr.が増えたらいいなあと思うのですが。

追突事故に遭い、私が最も違和感を感じていたのが、「見え方の変化」でした。起きてしばらくたつと、首のこわばりと、左目では世界が二重に見えるというものでした。

ブラッドパッチで改善されましたが、大量に発汗するとやはりものが二重に見えだし、回復に1週間程かかったりします。(でもちゃんと回復します!)

先生方の研究によって、より多くの方のQOLが上がるといいなと思っています。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

様々な診療科が、脳脊髄液減少症に興味を持って頂けるようになると、非常にありがたいと考えています。

本年の脳脊髄液減少症研究会のテーマの一つでもありました。

こういった形で結果が出て、嬉しく感じています。

たーたん。様

コメントありがとうございます。

自覚的な症状を、いかに客観的にデータとして示すかが、今後の病態解明に重要になってきます。

視覚異常のある方々には、視機能評価をお願いする場合があります。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。