山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2016年10月アーカイブ

神戸にて

高橋浩一 (2016年10月30日 17:26) コメント(2)

先日、国際小児神経外科学会 International Society for Pediatric Neurosurgery (ISPN) http://www.takahashik.com/blog/2016/07/kobe.html に参加してきました。   そして、小児期発症の脳脊髄液減少症について発表してきました。 発表後に頂いた質問は 「なんで腰にブラッドパッチするだけで、視... ………続きを読む

進めファイターズ!

高橋浩一 (2016年10月30日 17:06) コメント(2)

ついに、やりました!日本一達成! http://www.fighters.co.jp/   10年前の優勝とは違う嬉しさがあります。   ここ最近10年の日本シリーズのパシフィックリーグの敗戦はすべてファイターズで、とても悔しい想いをしてきたし、パシフィックリーグ代表として、また純パの会会員としても、他の球団に申し訳ない気持ちでいました。 また、純パの会名誉会長である豊田泰光さ... ………続きを読む

殻を作るのではない

高橋浩一 (2016年10月22日 17:00) コメント(2)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「なぜ、日本が世界に勝てたのか?」 リオ・オリンピックを振り返り、日本人の活躍の原因を考える貴重なお話しがありました。   日本の柔道チームでは   選手に自主性を持たせる 量でなく、質の練習 体力面に対する意識、知識を持つ 科学の力を利用する。特に相手からの分析に対して 組織力を高める   といったこと... ………続きを読む

脳脊髄液減少症と視機能

高橋浩一 (2016年10月22日 16:52) コメント(4)

日本神経眼科学会 http://www.shinkeiganka.com/ 学会誌「神経眼科」 https://www.jstage.jst.go.jp/browse/shinkeiganka/-char/ja 話題にて  「脳脊髄液減少症と視機能」投稿させて頂きました。   脳脊髄液減少症に伴う視機能障害に対して、客観的なデータが少しずつ増えてきています。 眼科領域からの評価... ………続きを読む

脳脊髄液漏出症の診断と治療

高橋浩一 (2016年10月18日 19:07) コメント(2)

脊椎脊髄ジャーナル 10月号 特集 「脳脊髄液漏出症の診断と治療」 https://www.miwapubl.com/products/detail.php?product_id=1915   「慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群」の題名で 書かせて頂きました。   脊椎脊髄ジャーナルでは、過去に脳脊髄液減少症が三回、特集されています。 http://www.tak... ………続きを読む

日本の医療

高橋浩一 (2016年10月11日 17:59) コメント(6)

柳原病院の非常勤外科医師が逮捕されています。 http://yanagihara.kenwa.or.jp/statement.html この件、柳原病院ホームページ発表が正しいという前提で話をします。 これが本当なら、不当逮捕です。   実際、全身麻酔の手術後に、患者に、わいせつ行為など考える医師は皆無と信じています。 仮にみだらな行為に及ぼうとしても、患者は満床在室の4人部屋におり、術... ………続きを読む

エイト・デイズ・ア・ウィーク

高橋浩一 (2016年10月11日 17:38) コメント(2)

映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」を観てきました。 http://thebeatles-eightdaysaweek.jp/   やっぱり、ビートルズは最高です! 何だか良く分からず感動してしまいました。  ... ………続きを読む

活イカとゴマサバ

高橋浩一 (2016年10月 4日 19:13) コメント(4)

福岡にて、中学時代の同級生と! 活イカ、ゴマサバ、最高! ... ………続きを読む

ノーベル賞

高橋浩一 (2016年10月 4日 18:57) コメント(2)

2016年のノーベル賞「生理学・医学賞」の受賞が決まった東京工業大の大隅良典栄誉教授 地道な基礎研究での受賞、「素晴らしい」や「凄い」などという言葉では言い表せません。   「誰も取り組んでいないことをやる方がとても楽しいということが、実はサイエンスの本質ではないか。誰も取り組んでいない分野での発見の喜びが、研究者を支えるのではないかと常々思っている。」   「"役に立つ"とい... ………続きを読む

福岡にて!

高橋浩一 (2016年10月 4日 18:22) コメント(2)

福岡で開催された日本脳神経外科学会第75回学術集会 http://jns2016.jp/  無事に発表してきました。   座長が 「慢性硬膜下血腫の治療より、ブラッドパッチを先行すべきとの意見に対して、反対意見はありますか?」 との質問に、誰一人として手を上げる人がいなくて、大部、ブラッドパッチの認知が脳神経外科学会の中にも高まりつつあるのかな?と感じました。   治療方法の... ………続きを読む