山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2016年7月アーカイブ

歯の治療は、やって良いのか?

高橋浩一 (2016年7月27日 18:13) コメント(2)

ブラッドパッチ後に、歯の治療は普通に受けて良いか? 注意としては、治療中の姿勢と思います。 過去に、不自然な姿勢をとり続けて調子を崩した方がいました。   あとは振動で調子が悪くなるという方もいます。 ただし、歯を削るのには、振動が不可欠なので、その点を担当歯科医師と相談しておくと良いでしょう。 いかなる治療にもリスクはありますが、リスクに過剰に反応せずに、適切に治療を受けて頂けたらと思... ………続きを読む

アートセレブ治療の現状

高橋浩一 (2016年7月27日 17:50) コメント(2)

アートセレブ治療について質問が多いので、現在までで分かっている範囲の事を述べさせて頂きます。 http://www.takahashik.com/blog/2016/07/post-1003.html  アートセレブ治療の適応は、  「ブラッドパッチなどで、髄液の漏出は止まっているが、髄液が少ないと思われる症例」 を考えています。   なので、ブラッドパッチを複数回... ………続きを読む

福岡へ

高橋浩一 (2016年7月24日 15:53) コメント(2)

9月29日より福岡で開催される日本脳神経外科学会第75回学術集会 http://jns2016.jp/  演題 「慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群の治療法と問題点」 が、シンポジウム「低髄液圧症候群の現状と課題」 で採用されました。 精一杯、頑張ってきます!        ... ………続きを読む

失敗の活用法

高橋浩一 (2016年7月23日 15:37) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「失敗」について興味深い話がありました。 失敗は「やってみたが、上手くいかなかった事」とも言えます。 失敗しない人はいません。 失敗した時に、「悔しさをバネに」して、希望ややる気につなげていくのか、失望して、やる気をなくすのかで、次へのつながり方が変わってきます。 失敗を振り返り、その失敗がコントロール可能であったのか、どうか? コン... ………続きを読む

助けて!きわめ人

高橋浩一 (2016年7月23日 15:17) コメント(0)

毎週土曜日午前9:30, NHKにて、「助けて!きわめ人」が放送されています。 http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/ 7月30日は、東海大学 高妻容一教授が、勝てない野球チームに対してメンタルトレーニングを指導して、強くなるのかどうかという内容だそうです。 メンタルトレーニングの有効性が証明されるかもしれません。 是非、御覧頂けたら幸いです。 私も楽しみにしています。... ………続きを読む

猛暑到来!

高橋浩一 (2016年7月19日 19:08) コメント(2)

猛暑到来ですね! 運動にも気をつけましょう! 先日、運動中に足をつる人が相次ぎ出現し、中には過換気になる方もいました。 http://www.takahashik.com/blog/2016/05/post-988.html    ... ………続きを読む

アートセレブ

高橋浩一 (2016年7月19日 18:25) コメント(4)

脳脊髄液減少症の治療として、ブラッドパッチ、生食パッチ、点滴+安静の他に、人工髄液 (アートセレブ) 注入療法があります。 昨年3月に倫理委員会で承認を受け、治療症例も少しずつ増えてきています。 http://www.takahashik.com/blog/2015/03/post-838.html    脳脊髄液減少症を自転車のタイヤのパンクした状態に例えるなら、パンク自体を... ………続きを読む

凄過ぎて、アドバイスできない

高橋浩一 (2016年7月12日 18:32) コメント(4)

スポーツの問題の多くは、スポーツ心理学を応用すれば解決できるのではないかと考えています。 しかし、男子バドミントンの闇カジノの問題、特に、田児賢一さんの件は、非常に難しく、答えを見出せていません。 田児さんは、日本男子バドミントンチームの中では、ずば抜けた存在でした。 何度か日本選手権などで、直接、田児さんの試合を観てきましたが、試合中にコーチが、ほとんど田児さんにアドバイスをしない事に、何となく... ………続きを読む

できない事まで自信を持つ必要はない

高橋浩一 (2016年7月 5日 18:17) コメント(2)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 「自信」について興味深いお話しがありました。 「自信」を持つことは大切です。 http://www.takahashik.com/blog/2016/04/post-978.html http://www.takahashik.com/blog/2014/01/post-699.html   では、何に対して自信を持つべきで... ………続きを読む

Kobeへ!

高橋浩一 (2016年7月 5日 17:53) コメント(4)

10月に開催される国際小児神経外科学会 International Society for Pediatric Neurosurgery (ISPN) http://www.ispn2016.org/ に演題が採用されました。 久しぶりの国際学会ですが、しっかり世界に「子どもの脳脊髄液減少症」を伝えてきたいと思います。 発表は10月27日 Platform presentations 9: Hyd... ………続きを読む