山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

脊椎脊髄ジャーナル

脊椎脊髄ジャーナル 8月号

特集 「脳脊髄液ーどこからどこへ」

https://www.miwapubl.com/products/detail.php?product_id=1778

 

「髄液循環からみた髄液減少症」のタイトルで執筆させて頂きました。

脊椎脊髄ジャーナルは、脊椎脊髄の領域を統合する専門誌で、過去にも脳脊髄液減少症が三回ほど特集されました。

しかし、脳脊髄液減少症に対しては、依然として懐疑的または反対意見が多いのが現状です。

 

そんな中に、「髄液」という中枢神経を扱う方々には避けて通ることのできない、重要な分野で、

大分大学の三浦真弘先生などビッグネームが連なる中に、髄液減少症病態からの観点として、私を執筆者の一人として選んで頂けたのは、非常に、非常に光栄と感じております。

関係者方々に心より御礼申し上げます。

 

本論文では、実際の髄液減少症症例を提示し、

画像所見、および ブラッドパッチの効果から髄液動態について考察しました。

アカデミックな知見を提示していくことは、脳脊髄液減少症の認知度向上につながると信じて、今後も頑張っていきます!

 

まとめの文のみ掲載させて頂きます。

 

髄液減少症を通して,髄液動態について検討した.

髄液の尾側から頭側へのバルクフローは乏しく,撹拌と拡散しているのみで,上矢状洞付近のくも膜顆粒が髄液の主吸収路ではない.

脊髄神経根を介する髄液吸収経路が存在し,髄液減少症の一病態として,同経路からの髄液過吸収が考えられる.

 

 

 

 

高橋浩一 (2015年8月 4日 18:39) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生

三浦真弘先生のお名前は、本ブログにも何回か出てきたので、
私にも聞きおぼえがありました。

そのような、心強いお味方?がいて素晴らしいですね。
たとえば、考古学の世界では、有力学者の説が「定説」となっており、一介の納豆売りが主張した「旧石器時代」などは、危うく葬り去られるところでした。

脳脊髄液減少症にも「強いお味方」がたくさん増えることを、心からお祈りします。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

脊椎脊髄ジャーナル掲載により、「強いお味方」が増える事を期待しますし、信じたいです!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。