山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

探求芯

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

「探求芯」

というテーマの興味深い話がありました。

 

「探求芯」は芯となる価値観を探求する事で、「探求心」にかけています。

信念や、こだわりの哲学という事になるでしょう。

 

研究会ではマイケル・ジョーダン氏の「芯」が紹介されました。

マイケル・ジョーダン氏は、若い頃に、様々な失敗をしてきて、その屈辱をバネに激しい練習をしてきたそうです。

その過程で、

「チャレンジし続ける!」

という芯が、しっかりと形成され、その後の大活躍につながりました。

 

では、自分の「芯」は?

というテーマで、参加者でディスカッションしました。

 

「芯」を考える上で、自分に大きな影響を与えてきた

 

人との出会い

言葉

ターニング・ポイント

失敗

その他

 

といった項目を考え、そこから自分の「芯」を見つけ出していきます。

「芯」が、しっかりしていて、ぶれなければ、良いパフォーマンスにつながります。

 

ちなみに、私の芯の一つは

「背伸びし続ける」

です。 

 

多くの失敗、挫折の屈辱をバネに、また、恩師をはじめ出会ってきた多くの方々の良い影響を受け、自分の能力より上のレベル、背伸びをした所を目指してきましたし、今後も可能な限り、背伸びをしていきたいと思います。

 

 

 

次回の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、

7月17日(金)、青山学院大学青山キャンパス (JR渋谷駅下車徒歩10分  地下鉄表参道駅下車5分)

4号館2階420教室です。

時間:18時ー21時です。

参加費:500円 詳細は以下を参照下さい。

http://www.mental-tr.com/mental/

http://8324.teacup.com/mentaltr/bbs

 

 

高橋浩一 (2015年6月28日 13:28) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生
スポーツ一流選手の探求「芯」については、優勝インタビューなどをきいているとよくわかりますね。有言実行の方が多いように感じます。
私の「芯」は何か?と考えてみると、「吸収を敬遠しない」ということかなと思います。
とにかく、いろいろなことを吸収して、人間的に大きくなりたいです。
これからも、ご指導よろしくお願いいたします。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

>「吸収を敬遠しない」

新たな学びは困難で面倒な事が多い中、さすがの「芯」と思います。

ことらこそ、今後とも御指導よろしくお願いします。

高橋浩一 先生

私にとって「脳脊髄液減少症」や「小児水頭症」も吸収しなければ「ならない」ことです。
「吸収したいこと」には、それなりの必要性や興味・関心が必ず伴うので、「大変」と思ったことはあっても「嫌だ」と思ったことはありません。
昔、NHKの鈴木健二アナウンサーも話していましたが、「知るは、人生の楽しみなり。」と考えています。
実際、いろいろ知ると、自分の成長を自覚できることが多いです。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

自分は興味のない所は、全く無関心なので、広い範囲を吸収される姿勢は流石と感じます。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。