山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

安静のリスク

いかなる治療にも、一長一短があり、リスクがあります。

その中で長所の部分と、短所の部分を考えなければいけません。

例えばブラッドパッチのリスクについては

http://www.takahashik.com/blog/2015/02/post-831.html

 

では、安静はどうでしょうか?

安静治療の最大の利点は、ブラッドパッチなどの治療によるリスク回避です。

 

一方、リスクは、

いつまで安静にしていたら良いのか予期困難である。

安静が長期になると体力が落ちる。

また安静の長期化は精神衛生上も良くない場合が多いので、うつ状態など合併し得る。

さらに特発性低髄液圧症候群では、慢性硬膜下血腫を合併する事がある。

http://www.takahashik.com/blog/2015/02/post-832.html

 

などが上げられるでしょう。

 

まず安静にして少し経過を見て、改善傾向があるようでしたら、そのまま保存的治療で様子をみて良いと思います。

一方、改善傾向が乏しい場合は、ブラッドパッチなど考慮して良いと思います。

 

ちなみにどのくらい様子を見たらよいのか?という質問をよく頂きますが、特に期間を決めてはいません。

特発性低髄液圧症候群で、発症1ヶ月以内 (最短は発症2週間) にブラッドパッチし、罹病期間を長引かせずに社会復帰される方々もいます。このような対応も、ありかと考えています。

 

頸椎捻挫、外傷性頚部症候群に伴う症例は話は別で、通常、数週の安静で改善しますので、ある一定期間の経過観察が必要です。

 

 

 

高橋浩一 (2015年4月14日 17:18) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生

このお話は、前にも出たように思います。

その時にも書きましたが、悪性腫瘍で半年に及ぶ長期入院を強いられたとき、ベッド上だけの「病床六尺」(正岡子規)の生活に浸りきっていしまい、ベッドから起き上がることさえ億劫になってしまった「安静の恐ろしさ」を身を以って体験しました。

>安静が長期になると体力が落ちる。

まさに、その通りでした。体力はゼロに近かったと思います。

F様

コメントありがとうございます。

仰る通りと思います。

体調不良で寝たきり状態が長期になると、少し動くだけで疲れます。体力低下なのか髄液減少なのか判断が困難になる場合も少なくありません。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。