山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

「頑張る!」と「無理をし過ぎる」

「頑張る!」と「無理をし過ぎる」

 

体力回復のために頑張る事は良い!

ただし、無理をし過ぎては良くありません。

 

どうしても頑張り過ぎてしまう頑張り屋さんタイプは、いつの間にか無理をし過ぎている場合が少なくありません。

「頑張る!」と「無理をし過ぎる」の違いを理解できると、より回復に近くなるかもしれません。

 

高橋浩一 (2015年4月 7日 17:55) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生
「頑張る」と「無理をし過ぎる」のちがいは、先生が常におっしゃっている「できることをする」という意識がどのくらい自分の中にあるかだと思っています。

「何ができるか」と考えが浅いと、何もしなかったり、逆に、やり過ぎたりしてしまうのではないでしょうか?
「何ができるか?」しっかり考えれば、少しずつ可能性を広げる慎重さと、次の段階に挑戦する大胆さを兼ね備えて行動することができるのではないでしょうか。


あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

御指摘の点も大いにあると思います。

何か目安、目標があって頑張るのか、盲目的にがむしゃらになるかの違いもあるかと思います。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。