山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2015年3月アーカイブ

アルジャーノンに花束を

高橋浩一 (2015年3月29日 13:02) コメント(13)

医師になりたての頃、感動した著書の一つに「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス著)があります。   幼児の知能しかない主役チャーリイが、手術を受け、天才的な知能を手に入れる。 その事で、今まで自分が受けてきた現実が見えてきて・・ さらに将来の自分が、どのようになるかを知り・・・   その感動を与えてくれた著書がドラマ化されると知りました。 http://www.tbs.c... ………続きを読む

球春

高橋浩一 (2015年3月28日 17:06) コメント(2)

「球春」 プロ野球開幕とともに、すっかり春らしくなってきました。 我が日本ハムファイターズも、開幕、幸先の良いスタートを切れました。   そして都内では桜も、ぼちぼちと咲き始めて、春爛漫です。     ... ………続きを読む

転倒事故

高橋浩一 (2015年3月28日 16:00) コメント(2)

第13回姿勢と歩行研究会   顎運動の異常や、咬合異常が、めまいを生じ得て、顎運動の治療により改善し得るという報告など、様々な勉強をさせて頂きました。   その中で興味深かったのは、転倒事故の実態に関する発表です。 人口動態統計によると、転倒転落による死亡者数は毎年増加しており、2013年の年間死亡総数は7,766人でした。 ちなみに交通事故に対する死亡者数は、年々減少してい... ………続きを読む

グッド・ニュース

高橋浩一 (2015年3月25日 17:58) コメント(4)

脳脊髄液減少症を患いながらも、奮闘していた医学生D君 無事、医師国家試験合格との嬉しいお知らせを頂きました。 自らの経験を生かして、「世界一、患者の気持ちの分かる医師」として、頑張って頂きたいです。   それから高校時代に脳脊髄液減少症を患われたYさん 医学部合格、心よりお祝い申し上げます。   医療業界に脳脊髄液減少症理解者がいるのは、非常に心強いです。   D君、... ………続きを読む

標準化とさらなる工夫

高橋浩一 (2015年3月25日 17:24) コメント(2)

第14回日本脳脊髄液減少症研究会  http://www.kyokuto.or.jp/csfh14/ 会長:溝淵 雅之先生 「診断と治療の標準化とさらなる工夫」のテーマで行われました。   私は2日目のみの参加となりましたが、   脳脊髄液減少症の診断、いかに精度を上げていくか! 脳脊髄液減少症の治療を動画にてプレゼンテーション   施設により診断方法、治療... ………続きを読む

多くても、少なくても運動異常を生じる脳脊髄液の機能と動態

高橋浩一 (2015年3月17日 18:35) コメント(4)

第13回姿勢と歩行研究会  「多くても、少なくても運動異常を生じる脳脊髄液の機能と動態」 と題して特別講演させて頂きました。 http://www.geocities.jp/jpsgwebsite/   講演では脳脊髄液が過剰な病態である、水頭症、特に正常圧水頭症の歩行障害 それから脳脊髄液減少症に伴う歩行障害、姿勢の異常、運動障害合併症例を提示しました。   また... ………続きを読む

頭痛診療の考え方 -注意すべき症状と脳脊髄液減少症ー

高橋浩一 (2015年3月17日 18:11) コメント(2)

先日、JH2の会にて 「頭痛診療の考え方 -注意すべき症状と脳脊髄液減少症ー 」 と題して講演させて頂きました。   JH2の会とは、慈恵医大平成2年卒業の同窓生が集まり、医学的な情報交換をする会です。   とは言っても、固い話は少しで、 「今、どうしているの?」 「うちの子どもはね~!」 「あいつ、どうしているかな~?」 といった世間話に花が咲きます。   大学を... ………続きを読む

今後の予定

高橋浩一 (2015年3月10日 20:16) コメント(8)

3月14日(土)  第13回姿勢と歩行研究会  「多くても、少なくても運動異常を生じる脳脊髄液の機能と動態」 と題して特別講演させて頂きます。 http://www.geocities.jp/jpsgwebsite/ より多くの方々に脳脊髄液減少症、髄液動態について理解頂けるよう頑張ってきます!   それから3月15日(日)  第14回日本脳脊髄液減少症研究会  「... ………続きを読む

倫理委員会

高橋浩一 (2015年3月10日 19:50) コメント(5)

山王病院では   人工髄液 (アートセレブ) 注入療法 フィブリン糊パッチ療法   を脳脊髄液減少症の新たな治療法として倫理委員会に臨床研究の申請を行い、先日、承認されました。 今後、数年かけて人工髄液注入療法、フィブリン糊パッチ療法の有効性とリスクなど研究します。 (ともに健康保険適用外のため、自費診療となります。 )    ... ………続きを読む

軽度外傷性脳損傷における頻尿

高橋浩一 (2015年3月10日 19:02) コメント(6)

第34回 平衡班研究会 安田泌尿器科クリニック院長 安田 耕作先生より 「軽度外傷性脳損傷における頻尿の原因? 尿流動態所見」 の演題で、貴重な御講演を頂きました。 軽度外傷性脳損傷 (mTBI: mild traumatic brain injury) とは、頭部に物理的な衝撃が加わり起こる脳損傷で、軽度なものを言います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%... ………続きを読む