山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

脳脊髄液減少症の可能性が高い要因

脳脊髄液減少症症例の経過、症状、画像所見、治療法、予後など整理をしていました。

15歳以下発症症例は、210例以上経験させて頂いた事になります。

それぞれ子ども達の名前を見ていて、みんな、いい名前をつけてもらっているな!と、親の期待、愛情が伝わってくる想いになりました。

子ども達のため、親の方々のため、家族の方々のため、みんなに元気になってもらいたいと、気持ちが引き締まりました。

 

そして症例を整理しながら、脳脊髄液減少症の可能性が高い要因をまとめてみました。御参考頂けたら幸いです。

 

症状は、連日性である。

頭痛などの痛みが存在する。

立位で症状が悪化する。

運動で症状が悪化する。

気圧の変化で症状が悪化する。

MRIなどの諸検査で異常を認めない。

鎮痛剤投与や抗精神薬投与などの効果が乏しい。

異常な肩こり。

朝が極端に弱い。

 

外傷例の場合は、

外傷1ヶ月以内に症状が出現。

通常でない、難治性のむち打ち症。

外傷や事故をきっかけに、人が変わった。

 

高橋浩一 (2015年1月11日 11:15) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生

少子高齢社会において、子どもは、文字通り「国の宝」です。

日本の人口減少現状に向けて、成人一人一人のポテンシャルが、より重要になってくるからです。

私も、そんな意識で職務に当たってきました。
約5000人の子どもと付き合いましたが、名前の一つ一つに親御さんの大きな期待が込められていますよね。

その中の一人から、「○○市の市立病院の小児科医として勤務することになりました。」という年賀状をもらいました。

小児科医療の難しさや、意義の重大さについて返事を書きました。

脳精髄液減少症でも、小児のうちに完治できれば、どんなに素晴らしいことか…

今後ともよろしくお願いいたします。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

本当ですよね!

病気で苦しんでいる子ども達を見ていいると、親の事まで考えて余計に何とかしてあげたいと、常に思ってしまいます。

他の医師からは、もっと気楽に行け!と言われるのですが…

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。