山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

感謝をこめて...‏

脳脊髄液減少症を克服されたMさんより

「感謝をこめて・・・」

https://www.dropbox.com/sh/7q4b2kfs83n95ok/AADHlOZ6vRA_L6qNmWzumMhma

ロケ地:屋久島、熊野古道、鎌倉、逗子、江ノ島、九十九里など

Mさんからのコメント

「患者さんが少しでも癒され、元気になってくだされば幸いです。 」

 

.......................

全く仕事ができない状態から、マラソン、トライアスロンをするまでの回復、多くの方々を勇気づける事でしょう!

素敵なファイル、ありがとうございました。

 

 

高橋浩一 (2014年11月23日 09:25) コメント(40)

コメント(40)

高橋浩一 先生
M 様

画像、拝見いたしました。
ラストの「今、思うと、独りではなかった。」
この言葉が、すべてを集約しているのだと思います。

治療のことはDrにお任せするにしても、治癒力に、周囲の支えは不可欠であると新ためて痛感しています。ありがとうございました。

これからも、本症の周知に向けて「独りではない」ことを発信していこうと考えています。


F様

コメントありがとうございます。

ラストの言葉、本当に、今、思うとなのでしょうね!

闘病中は、そんな事を考える余裕がないと感じる方が多いのではと思います。そんな中、F様のような理解者の存在は、ありがたく感じます。

Mちゃんへ
本当にトライアスロン完走おめでとう♪
本当に夢は、叶うんだね♪

もう何年前になるんだろうね?
ラケットボール始めた頃は、すぐに息は上がるは
具合悪くなるはで、休み休みやってたよね。

しっかり治療して、そしてどんどん体力も
ついて、ラケットボールもどんどん上手になっていったよ

そんな頃かな?トライアスロンに出てみたいんだ!って
言ってたね。

正直私はびっくりした。
かなり鍛えているアストリートだって、トライアスロンとなったら
簡単に出来ることじゃない!

それをそれをやりとげるなんて!
あなたは本当に凄いです!

私も、勇気を元気を貰いました!
きっと沢山の方に希望をもたらしたと思うよ
有難う♪

高橋先生これからも、患者さん達の夢の実現の為にも頑張って下さい!

Mちゃんも、高橋先生もわたしはこれからも応援します!


高橋浩一先生
PV、拝見いたしました。私はMさんの高校時代からの友人です。闘病中のことは全く知りませんでした。
トライアスロンに挑戦し、完走したことは健康な私にとっても凄いことで感心です。
会うときはいつも元気で病気のことなど感じさせず、一言も言わない強い人です。つらさを一つも見せずに頑張れることは、先生の治療や協力・支えがあってのことと思います。
ありがとうございます。
感謝しています。
これからもMさんのことをよろしくお願いいたします。

高橋先生、
Mさんとはおそらく20数年来のつきあいです。
遠くに住んでいるので彼女と会うのは年に1度あるかないかと言う付き合いになってしまいました。

闘病中であると言う認識を相手にさせないほど、いつも前向きで明るい彼女。よって、どこまで本当に大変んだったのかを良く理解していなかったのですが、ここにあげられているコメントを見てその大変さを恥ずかしながら今知った所です。些細な事でメガ心配している私をいつも励まして、元気づけてくれたのは彼女。そんなポジティブな生き方が,ここまでの彼女の闘病生活の支えになっていたのでしょう。そして、そこには勿論信頼する高橋先生の患者を思う気持ち、一緒になって戦うと言う意思が、強くつたわったからの事と思います。

トライアスロンは普通に健康な身体の持ち主には、なかなかできないこと。やるぞ!と決めた所がすごい!そしてやり遂げた所が驚異!頭が下がります!

これからも彼女のようなハッピーな方々をたくさん支援していって下さい。心より応援しています。

ロンドンより、Bino

初投稿失礼いたします。

僕は、Mさんと一緒にトライアスロンのトレーニングをして、一緒に完走した者です。彼女が、脳脊髄液減少症という大病を克服してトライアスロンにチャレンジしていたなんて、今まで知りませんでした。

トライアスロンは個人競技で、自己との戦いです。「溺れるかも…。バイクで転倒するかも…。走りきれないかも…。」という恐怖心と戦いながら、日々トレーニングするのですが、ともすれば練習ををさぼる言い訳を探したり、仕事や家庭の事情で思うような時間が取れず、挫折・脱落しそうな自分を最後まで引っ張り支えてくれたのは仲間の存在でした。(Mさん含めて僕たちは、初心者がトライアスロンのチャレンジする企画のメンバーでした。)

そのメンバーの中でも特にMさんは、練習やその後のランチ会や飲み会、そして本番のレース、祝勝会を通して、チームのムードメーカーであり、メンバー皆の応援団長であり、アイドル(笑)でした。過去大病にかかっていたなんて微塵も感じさせない彼女の笑顔が、トライアスロンに対する不安・恐怖心を払拭する手助けになったことは間違いありません。そして小さい体で遅れそうになりながらも歯を食いしばりついてくる彼女の頑張る姿は、僕たちに勇気を与えてくれ、自己に向き合う真摯さを教えてくれたと思います。
「独りではなかった」…これは僕たちも同じ気持ちです。
今僕たちは、Mさんには本当に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです!

今回のチャレンジがきっかけで、脳脊髄液減少症という病を初めて知りました。患者の皆様が、健康な人間では想像し得ない苦しさとつらさの中、厳しい闘病生活を送られていると思います。(こんなことを僕が言うのは僭越ですが)希望を持ち自分を信じて、病と戦ってください。必ず努力は報われるはずです。Mさんのゴールをともにした僕たちは確信いたします!!
皆様方の快癒と素晴らしい人生を祈念してます。


高橋先生へ
私もさおりさんと同じくMさんとは高校時代からの友人です。
今年十数年ぶりに再会し、長かった闘病生活と脳脊髄液減少症という病を知りました。でもMさんはそのことを感じさせない元気と肉体の逞しさを持っていて、今はトライアスロンに挑戦することが楽しくて仕方ない様子です。
この病からMさんを助け出して下さった先生に感謝いたします。そのおかげで私達が再会できたと言っても過言ではありません。
そしてMさんはことあるごとに忙しい高橋先生のお体を案じています。こらからもお忙しいでしょうが多くの患者さんの為に私達も陰ながら応援しています。

Mさんは、自分の体や心をよくご存知で、
厳しい練習も自分でコントロールしながら、
楽しんでトレーニングされていました。
トライアスロンチームのメンバーは、
かなりハイレベルの方が多く、
私は自分のレベルの低さに落胆したり、
なんとかおいつこうと無理し過ぎて足を痛めたりさんざんでしたが、
そんな中でもMさんはいつも笑顔で元気で、
ふっと安心させられていました。
Mさんのように体や心をうまくコントロールしながら楽しむことが大切だと思いますが、
それは同時にとても難しいことで、
誰にでもできることではないです。
仕事についても同様、
Mさんの話を聞くと、
働く時は働き、
リラックスする時はリラックスする。
オフをしっかり確保し、
体と心をコントロールされています。
病気になったことで色々考え悩まれ、
その結果今のMさんがあるのだと思いますが、
私は今のMさんのことが大好きだし尊敬しています。
現在は一緒にトレイルランに挑戦中で、
Mさんの笑顔に支えられながら山を駆け巡っています。

今回のことで脳脊髄液減少症について知ることが出来ました。
なかなか周囲に理解されない病ということで苦しんでおられる患者さんもいらっしゃることと思います。少しでも多くの方がこの病について知ること、また患者さんが早期回復されることをお祈りしています。

高橋先生
Mさん

7,8年前?ぐらいにMさんのパーソナルトレーナーをやらせていただきました。当時を考えるとまさかトライアスロンを完走してしまうとは思いもしませんでした。
あの時は体調に左右されなかなかトレーニングができない日がありました。またトレーニングを拒否されることも…(笑)

今思うとトレーニングがどうとかでなくそんな状況でも体調の良い日は積極的に外に出て身体を動かす。そういった前向きな姿勢が今に繋がっているのだと感じました。

この画像を見て多くの患者さんが勇気をもらえると思います。
また私も健康な身体でありながらまだまだ挑戦が足りないと感じさせられました。ありがとうございます!

高橋先生大変なこととは思いますが、お身体にはお気をつけください。私も心から応援しております。

高橋先生、皆様、
大変ご無沙汰しております。
久しぶりの投稿になります。

MさんのPromo拝聴させていただきました。
写真セレクトもさすがMさん!、なかなかのクオリティーで。
欲を云うと、動いてるVも欲しいところではありましたが(笑)

最近ラケットボールに現れないと思ったらトライアスロンに夢中だったとは、参加費用を払ってまでこんな過酷な大会に参加するなんてもうビックリです。
 しかし、Mさんの完走を目指しての努力はちょっとそこらを走ってくるといったレベルでは決してなかったはずで、完走に向けて必要な練習をきちんと積まないと完走なんて無理だと思います。ホントに頭が下がります。
自分は残念ながらジョギングがやっとです。(笑)

このポジティブさは何処から来るのでしょうか?
今度お会いした時にでもご教示願うとして、閑話休題
このままの勢いだとチャレンジしそうなので一応コメントしますが、
Fさん、格闘技方面は危ないからやめてくださいねっ(笑)

私はMさんとはラケットボールと云うスポーツを通じて知り合い、この様な病気がある事を知りました。症状も辛く、病名も誤診されやすいことで完治せずに苦しんでる患者さんが多くいる事は想像できました。

今回の様なこうしたMさんの行動。(PV作成も含めて)は確実に一里塚となることでしょう。多くの人に認知されることできっと身近で苦しんでる人を救うことにつながることになることでしょう。また、きちんと治療し、完治すれば新たなチャレンジも可能となることで新たな仲間も増え、楽しさや喜びも倍増することで人生も豊かな物に変わることをMさんが自らの行動で教えてくれてます。

今後のさらなるご活躍期待してます。

ところでMさん、
折角だからトライアスロンで鍛え上げた身体でラケットボールで勝負よろしく!(笑)

ひよこ様

コメントありがとうございます。

ひよこ様の適切、かつ親切な御指導もM様の御回復に大きな力になったと思います。

今後も御指導の程、よろしくお願い申し上げます。

さおり様

コメントありがとうございます。

Mさん、そして治る病気である脳脊髄液減少症の認知をよろしくお願い頂けたら幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Bino様

コメントありがとうございます。

本当にMさんのポジティブさは、発病前から現在まで支えて頂いたBino様の御尽力とともに回復に大きかったと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Mさんのトライアスロン仲間様

コメントありがとうございます。

私も以前、富士トライアスロンクラブに所属して、レースも何度か経験させて頂きました。

トライアスロンって、本当に仲間の存在って大きいですよね!

そんな仲間たちを支えているMさんの情報、ありがとうございました!

Y様

コメントありがとうございます。

高校時代の仲間って良いですよね!

今後もよろしくお願いします!

Mさんのトライアスロン仲間2様

コメントありがとうございます。

このコメント、Mさんが最も伝えたかった内容がつまっているそうで、感謝しておりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

クマ様

コメントありがとうございます。

>今思うとトレーニングがどうとかでなくそんな状況でも体調の良い日は積極的に外に出て身体を動かす。そういった前向きな姿勢が今に繋がっているのだと感じました。

今も闘病中の方々の参考につながる情報と思い、感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

隊長様

コメントありがとうございます。

本症の御理解、感謝です。

ラケットボールとともに脳脊髄液減少症の益々の認知度向上を望んでいます。

私も最近、ラケットボール御無沙汰していますので、近々、お邪魔したいと考えています。よろしくお願い申し上げます。

私は、Ⅿさんとは高校からの友人です。
彼女とは長い間、音信不通になっていました。どうしているかなと心配しつつも、元気でやっていると思っていました。まさか、闘病生活をしていたなんて・・・信じられませんでした。
高橋先生の治療のお陰で、病気を克服しトライアスロンに挑戦している様子を見て、私自身元気を貰いました。
本当にありがとうございました。


Мさん&高橋先生へ

お二人には長い間お世話になっております。

このPVには私が大好きな海と山の大自然がとても綺麗に描写されてますね。これからずっとこの画像を傍に置かせていただきます。

高橋先生のライフワークともいえる本症候群のパイオニアとしての献身的なご活躍には心から敬服しております。今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

また、Мさんにはいつも元気をいただいてます。最初、ラケットボールのプレーを拝見したときはとても運動できそうにない第一印象だったのが、リレーマラソンのときは仲間がさぼってる分までたくさん走って頑張り屋だと思いました。それがいつの間にかトライアスロンを完走されてしまい、私は完全に先を越されてしまいました。
身体の不自由な訴えを一度も聞いたことがなく、いつも明るく前向きな姿勢は周りのたくさんの人を幸せにしていると思います。

お二人に見習って私もまだまだ頑張ります!

病気を克服したどころか鉄人にまでなられて、凄い❗️
今も病気と必死に闘いながら生きている方たちに勇気を与えてくれますね。

高橋さんの病気や命に対する想いを、自ら身体で表現し、それを感謝の形としてチャレンジしている姿は素敵です。

病気を克服され、トライアスロンにチャレンジしている姿に敬意を感じます。
多くのコメントも拝見し、M様のこれまでの困難と、それを乗り越えてきた強さ、そして魅力ある人柄に元気をいただきました。
そんなM様に、いつかお目にかかれる日が来ることを楽しみにしております。


hiromi様

コメントありがとうございます。

頑張っている姿をみて元気を頂く、良いですよね!

hirarin様

過分なコメントありがとうございます。

またラケットボールなど、よろしくお願いします。

hirarin様もトライアスロンをチャレンジされるそうですね!私はもう、トライアスロンをするパワーがありませんが、応援させて頂きます!

チャーリーイヌカイ様

コメントありがとうございます。

どんどんMさんのような方を紹介していけるよう頑張っていきます!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

A・I様

コメントありがとうございます。

>そんなM様に、いつかお目にかかれる日が来ることを楽しみにしております。

実現する事をお祈り申し上げます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Mちゃんへ

Mちゃんが脳脊髄液減少症の患者さんということは初めてお会いした時から知ってましたが、その時はこんなに大変な病気とは知りませんでした。
明るく朗らかなMちゃんからは、大変な病気の闘病生活の苦しさを全然感じませんでした。

今回このビデオを観て、この感謝の気持ちの反対側にある大変な闘病生活を感じることができました。
そして、まだこの病気と戦っている多くの方々に対するMちゃんの応援する気持ちも。
また、この応援の気持ちがあるから、Mちゃんがマラソンやトライアスロンで頑張れるのかなとも感じました。

これからも頑張ってくださいね。
そして、息抜きに、たまには津田沼に遊びに来てくださいね。

高橋先生

大変なお仕事ですね。
先生のお仕事がやりやすくなるように環境や制度が良くなるよう応援しています。

高橋先生

この度はこのような機会を頂きありがとうございました。
あたたかいコメントの数々胸に刻み次なるステップに進みたいと想います。
海外にいた頃,病院に行くと主治医、メンタル、ボディの3本柱が同時に患者に寄り添ってくれました
先生はお一人で…..無理は言えないな自分でも治さなければと感じました。

高橋先生の患者さま

先生より新しい身体を頂いたと思うと少しは楽になりませんか?
今の自分と上手に向き合ってあげてください。出来る事楽しいと思える事から少しづつ...
先生に微熱と軽い頭痛で問診を受けた際、”完璧な人間はいないよと叱咤され”確かに..

以後、頭痛は気のせいと思うと以外と身体って騙せてしまいました。

ラケットボールの試合中コートの脇から向い側のスタジオで太極拳を教えている老師を涙ぐみながら眺めている先生のお姿を拝見し
あの方も元患者さんです。と伺った時に私も元気でいる事が恩返しなんだと実感致しました。
少しでも回復に向かわれたり身体を動かしたいと感じましたら先生を返してでもお声がけくだされば幸いです。
安心してくださいアスリートの諸先輩方が沢山いらっしゃいますので。

99Tの皆様
素敵な夏をありがとございました。
モノクロの写真からカラーのmovieに変わった瞬間でした。

本当に...独りでなかったんだと                

松本市出身 Mより

高橋先生

高校時代からの友人Mさんに、この場をお借りしてメッセージを送りたくお願い致します。

Mさん近況を聞き、脳脊髄液減少症という病と闘っていたことに驚くとともに、トライアスロンを完走するまでに回復されたことに安堵しております。

昔から無茶に思えることにもチャレンジし、そしてやり遂げ、「どうだ!」とばかりの得意げな笑顔を思い出します。
同じようにその姿はきっと多くの方に元気を与え、そして同じ病で苦しんでいる方々にとっての希望となっていることだと思います。
きっと多くの方に支えられてきたからこそとも思います

私はMさんが経験してきた本当の辛さや頑張りを知る由もなく何の力にもなれず恐縮ですが、脳脊髄液減少症について関心をもち認知していきたいと思います。

最後に高橋先生
今後もMさんや患者さん達の力になっていただきますようお願いいたします。

初投稿です。
Mさんとはトライアスロンに挑戦するチームで知り合いました。
最初から明るく、まさしくムードメーカーであったMさんが脳脊髄液減少症だったとはまったくわかりませんでした。
Mさんに聞くまで脳脊髄液減少症のことも知りませんでした。

バイク練習を一緒におこなったり(ピクニックみたいでしたが)、オープンウォーターの大会に誘われ急きょ参加してみたりと
今年の夏は楽しかったー!!!

これからもMさんよろしくねー。

津田沼のラケットボーラー様

コメントありがとうございます。

今後とも応援よろしくお願いします。

M様

脳脊髄液減少症は治る疾患であり、そこをイメージしてほしいと常々考えています。

なので、M様の回復を紹介できて良かったです。

Yuro様

コメントありがとうございます。

今後も本症認知にお力を頂けたら幸いと存じます。よろしくお願い申し上げます。

Mさんのトライアスロン仲間3様

コメントありがとうございます。

Mさんは、いつも元気で明るくパワーいただいてます。
私は、本当に尊敬しています。

Mさんが、病気だったことでたくさんの経験してきた事を知りました。

Mさんのように素敵な女性になれるように頑張ります。
いつもありがとうございます。

YOKO様

コメントありがとうございます。

明るくパワーがあるのは、見習っていくべき点かと思っています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

病を克服されて、今ではとてもパワフルな毎日を送っているMさん!
ただただ素晴らしいと思うばかりです。
常に、夢 目標に向かって活動されているMさんの姿に感動し、刺激を受け、勇気をもらっています。
私も少しでも、Mさんのように沢山の感謝の心を持って 日々邁進していけたら…と思います。

hiroko様

コメントありがとうございます。

いい所は、どんどん吸収していくと良いですね!

感謝です!

Mさん、高橋先生ありがとうございます。
僕も減少症で出口の見えない長いトンネルに入りました。
そんな時に高橋先生と出会い、周りの方に助けられてほぼ元通りの生活に戻れました。
今までできたことができなくなったこともありますが、Mさんのように新たな目標を見つけたこともあります。
僕もこれからも脳天気を予想しながら無理せずに人生を楽しみます。m(_ _)m

栗原秀之様

コメントありがとうございます。

苦境に立った時に目標を見出せたのは、回復に大きかったと思います。

何事も楽しみにつなげるのは良いと思います!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。