山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2014年10月アーカイブ

懐メロ ー洋楽ー

高橋浩一 (2014年10月26日 11:27) コメント(2)

「懐メロ」 http://www.takahashik.com/blog/2014/10/post-794.html 反響が結構ありましたので、洋楽について回想してみました。   大学時代、一番熱をあげたバンド Nena https://www.youtube.com/watch?v=qfPTC7-wCL8   六本木の夜を熱くしてくれた曲達 https://www.youtu... ………続きを読む

ハーバード式 病気にならない生活術

高橋浩一 (2014年10月26日 10:27) コメント(2)

「ハーバード式 病気にならない生活術」 マキノ 出版 http://www.makino-g.jp/bookdetail/isbn/978-4-8376-7210-4/ 東京慈恵会医科大学 浦島 充佳教授著です。 http://www.takahashik.com/blog/2014/04/post-725.html   浦島先生が、ハーバード大学で学ばれた「疫学」により、食事によって、... ………続きを読む

「メンタル鍛えて向上しよう! ~逆境を克服した方々に学ぶ~

高橋浩一 (2014年10月25日 14:30) コメント(2)

先日、都内で 「メンタル鍛えて向上しよう! ~逆境を克服した方々に学ぶ~ のタイトルで講演させて頂きました。   関係者方々、御参加頂いた方々に心より感謝申し上げます。 企業関係の方々の前で話をさせて頂くのは初めてでした。 御参加頂いた方々の、「のり」、ありがとうございます。 一人二役で「プラス思考ビーム」を演じるなど見苦しい場面がありましたが、少しでもお力になれたら幸いと思います。... ………続きを読む

懐メロ

高橋浩一 (2014年10月21日 19:24) コメント(4)

ラジオで80年代の曲が流れると、学生時代を思い出します。   あみんの 「待つわ」 https://www.youtube.com/watch?v=cG2N38Eq2IM ハーモニーの低音部分だけを歌っていたG君   河合奈保子さんの「けんかをやめて」 https://www.youtube.com/watch?v=yfq8Flu4PPA の歌詞に、マジにむかついていたH君 &... ………続きを読む

来季につなげ!

高橋浩一 (2014年10月21日 17:29) コメント(2)

クライマックス・シリーズ ファイナルステージ 日本ハムファイターズはソフトバンクに敗れ、今シーズンの戦いを終了しました。 今シーズンは、一度も優勝争いに絡むことが無く、こんな戦いでパシフィック・リーグの代表になっては申し訳ないと、正直、心の中で感じていました。なのでソフトバンクの勝利には、ほっとしている部分もあります。 このクライマックス・シリーズでは若手選手の台頭あり、中田の連発ありと、来季に期... ………続きを読む

慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群

高橋浩一 (2014年10月14日 18:24) コメント(2)

日本脳神経外科学会 第73回 学術集会 一般口演 「脳脊髄液減少症」 慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群76例の画像所見 ― 慢性硬膜下血腫非合併例との比較検討 質問としては、 「慢性硬膜下血腫を合併した症例の髄液圧は?」 など、建設的なものでした。 ちなみに、この質問に対する回答は、 「ほとんどが正常圧、もしくは低髄液圧で、高圧(20cmH2O以上)は76例中1例のみです。」 なの... ………続きを読む

東京都立富士高校同窓会

高橋浩一 (2014年10月14日 17:38) コメント(2)

先日、東京都立富士高校卒後30周年記念パーティーが行われ、 150人を超える同級生が参加されました。 久しぶりに会う面々も多数参加され、非常に懐かしく、でも基本的に皆、昔となんら変わらないです。 30年の時間は全く感じられません。   「地理は、地名を覚えなくてはいけないのが、致命傷だ!」 と言っていた地理のI先生はじめ、恩師数名にも御参加賜り、ありがたく感じております。  ... ………続きを読む

日本脳神経外科学会 品川にて

高橋浩一 (2014年10月12日 09:12) コメント(2)

日本脳神経外科学会 第73回 学術集会グランドプリンスホテル新高輪にて行われました。私はポスターセッション 「脳脊髄液減少症・頭部外傷画像」の座長を務めさせて頂きました。また一般口演 「脳脊髄液減少症」で、慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群76例の画像所見 ― 慢性硬膜下血腫非合併例との比較検討の演題名で発表させて頂きました。本学会では建設的な意見、質問が多く聴かれ、本症の認知度がゆっく... ………続きを読む

脳脊髄液減少症に対するリハビリ経過

高橋浩一 (2014年10月 7日 17:35) コメント(2)

当山王病院にて脳脊髄液減少症症例に対し、リハビリテーションを開始して、半年が過ぎました。 http://www.takahashik.com/blog/2014/03/post-720.html 当初の通り、まずは運動機能などを「評価」をし、そしてリハビリテーションのメニューを検討しています。 急な効果は、なかなか認められないものの、リハビリメニューを継続する事で、徐々に、そして確実に効果が表れて... ………続きを読む

余裕を持って行動しよう!

高橋浩一 (2014年10月 7日 17:16) コメント(4)

体力回復は、重要なテーマです。 http://www.takahashik.com/blog/2012/07/post-504.html   よく、「どの程度、動いて良いか?」 「どの程度の運動をして良いか?」 という質問を受け、 「無理のし過ぎと、安静のし過ぎの間で行動しましょう!」 と答えていますが、抽象的で、難しいという声を頂く事が少なくありません。   ある方から、運動... ………続きを読む