山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2014年2月アーカイブ

ソチを見て感じた事 その三

高橋浩一 (2014年2月23日 20:57) コメント(2)

多くの方々が感じている事と思いますが、「あきらめない」事の大切さを教えて頂いた葛西紀明選手のジャンプ、非常に感銘を受けました。 メダルを確実にした個人ラージヒル2本目のジャンプ直後、個人戦にもかかわらず、団体戦で勝利したかのように後輩ジャンパー達が葛西選手のもとに祝福に駆けつけたシーンは、非常にジーンときました。 期待されていても個人でメダルが取れない、長野オリンピックの団体チームメンバーから外さ... ………続きを読む

東京マラソン

高橋浩一 (2014年2月23日 15:28) コメント(2)

東京マラソンを見ていると、君原健二さんが走られていました。 http://kimihara.aspota.jp/  小学低学年の時に影響を頂いた、偉大なランナーです。 その頃に君原さんの著書を図書館で借りてきて読み、(おそらく、『ぼくはなぜ走るのだろう 君原健二のマラソン人生』だと思う。)、少年心に、頑張れば強くなれる!と感じたものでした。   君原さんの活躍には、東京オリンピック銅メダ... ………続きを読む

ソチを見て感じた事 そのニ

高橋浩一 (2014年2月23日 10:00) コメント(2)

スマイル・ジャパンこと、日本女子アイスホッケーチーム。 お疲れさまでした。 勝利する事ができず、8位に終わりましたが、強豪相手に、 対スウェーデン0-1、対ロシア1-2、対ドイツ0-4、順位決定戦 対ロシア3-6、 対ドイツ2-3  と、互角に近い闘いを続けました。 初出場、開催国出場だった1998年、長野五輪では 対カナダ0-13、対フィンランド1-11、対中国1-6、対アメリカ0-10、対スウ... ………続きを読む

治療可能な痴呆症

高橋浩一 (2014年2月18日 20:01) コメント(2)

現在発売中の文藝春秋 SPECIAL 「認知症に勝つ」 http://www.bunshun.co.jp/mag/special/ 47ページに、特発性正常圧水頭症の記事が掲載されています。 特発性正常圧水頭症 iNPH は、痴呆症が手術で改善するため、「治療可能な痴呆症」の一疾患として重要です。 痴呆は年のせいとあきらめずに、治療可能な状態が存在しているのかどうか、精査も時に必要でしょう! &n... ………続きを読む

第13回脳脊髄液減少症研究会

高橋浩一 (2014年2月18日 18:28) コメント(2)

第13回脳脊髄液減少症研究会 先日、以下のプログラムで熱いディスカッションが、繰り広げられました。   特に三浦真弘先生が述べられた、髄液の吸収と、RI脳槽所見との関係。 RI脳槽シンチで髄液漏出像が、画像で描出されるには、硬膜外にRIが漏出し、かつ、留まらなければ写らない。もし、硬膜外に漏出したRIでも、髄液吸収が早ければ、髄液漏出像としては描出されず、RI残存率低下やRI膀胱内早期... ………続きを読む

ソチを見て感じた事 その一

高橋浩一 (2014年2月18日 17:38) コメント(2)

高梨 沙羅選手、お疲れさまでした。 日本中から金メダルを期待されながらも、4位。ただ、オリンピックの4位というのは凄い事です。   ............................ 期待に応えられない・・・ とても辛い事です。私も経験があります。 中学の春のバドミントン東京都大会で優勝し、東京チャンピオンとしてのぞんだ練馬区大会。 練馬区にも強い選手がいたため、決して楽な試合にな... ………続きを読む

ハッピー・バレンタイン

高橋浩一 (2014年2月14日 12:36) コメント(2)

ハッピー・バレンタイン!http://youtu.be/hddy8jVZni8......................................フラワー・バレンタインを演奏するバイオリニスト竜馬さんが、4月18日、山王病院にてロビー・コンサートされます。詳細などは後日、本ホームページ上で連絡させて頂きます。皆様、楽しみにしていて下さい。多くの方々の御参加をお待ちしています! ... ………続きを読む

慢性硬膜下血腫と低髄液圧症候群

高橋浩一 (2014年2月11日 19:19) コメント(2)

脳脊髄液減少症のうちの狭義の特発性低髄液圧症候群 http://www.takahashik.com/blog/2013/11/post-680.html に慢性硬膜下血腫を合併する事は良くあります。 文献では、特発性低髄液圧症候群の15-40%に慢性硬膜下血腫を合併すると報告されています。 山王病院では、約30%が特発性低髄液圧症候群に対して、慢性硬膜下血腫を合併しています。   治療... ………続きを読む

スポーツによる脳脊髄液減少症

高橋浩一 (2014年2月11日 19:00) コメント(2)

先日の平衡班研究会 篠永先生の御発表によると、スポーツが原因の場合と交通事故が原因の場合の脳脊髄液減少症は、症状や治療法などは基本的に一緒です。 違いはスポーツが原因の症例の方が交通事故の場合より予後が良い傾向にあるとの事でした。 この原因として 損保会社など第三者との対応がない場合が多い。 といった事を挙げられていました。 また、予後に関しては日常生活が普通に送られるようになれれば良好と... ………続きを読む

氷上の闘う女神たち

高橋浩一 (2014年2月11日 18:38) コメント(2)

ソチ・オリンピック熱い闘いが繰り広げられていますね。 早速、感動の連続を味あわせて頂いています。 そんな中、アイスホッケー女子日本代表のオリンピック代表を勝ち取るまでの苦労、苦悩、試練の数々を熱く綴ったノンフィクション アイスホッケー女子日本代表の軌跡 氷上の闘う女神たち 神津伸子著 (双葉社) http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookfind/... ………続きを読む

より良好な予後を目指して!

高橋浩一 (2014年2月 8日 11:35) コメント(2)

平衡班研究会 http://www.takahashik.com/blog/2012/09/post-540.html http://www.takahashik.com/blog/2013/01/post-586.html http://www.takahashik.com/blog/2013/09/post-653.html 先日、第32回研究会が行われました。 講演Ⅰ 「脳脊髄液減少症症例か... ………続きを読む

ソチ・オリンピック

高橋浩一 (2014年2月 8日 11:22) コメント(2)

ソチ冬季オリンピックが開催されました。 オリンピックの開会式は、何度見ても感動です。 そしてオリンピック賛歌は、何度聴いても涙が出てきます。 オリンピック賛歌 オリンピック賛歌 日本選手の活躍を応援し、熱い感動の数々を期待しています!... ………続きを読む

野球道具

高橋浩一 (2014年2月 4日 18:27) コメント(2)

「バットは、とても高価なもので、私が高校時代には、バットを持てる人は限られていた。」 「大切に、大切に使っても、折れる時には、折れるんですよ。」 「高校野球の試合で、バットが折れて使えるのが無くなった時に、以前に戦った学校の選手が貸してくれるんですよねー。それを、それを大切に、でもバットを貸してくれた選手のために勝たねば!と意気込んでスイングしたら、折れちゃったんですよね!本当に高価なものを、申し... ………続きを読む

大阪にて - 日本正常圧水頭症学会

高橋浩一 (2014年2月 4日 17:58) コメント(2)

第15回 日本正常圧水頭症学会 http://nph15th_2014.umin.ne.jp/ 大阪にて、 「特発性正常圧水頭症 (iNPH) の髄液動態に関する考察  ―RI脳槽シンチを施行した5症例の検討― 」 の演題で発表してきました。   発表の要旨ですが、正常圧水頭症の髄液動態には、少なくとも2つのパターンが存在する可能性を考えています。 一つは、脊髄、大脳レベルでの髄液吸収... ………続きを読む