山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2013年2月アーカイブ

足立区にて

高橋浩一 (2013年2月27日 13:50) コメント(4)

先日、東京都足立区にて、足立区立の小・中学校の教諭、養護教諭を対象に、児童・生徒の不登校の原因のひとつと言われる脳脊髄液減少症について理解を深め、適切な対応について研修するを目的とする研修会が行われました。 研修会では、「不登校原因の一つ 脳脊髄液減少症について 」と題して、講演させて頂きました。 貴重な機会を頂きました関係者方々、参加頂いた方々に心より御礼申し上げます。   何より足立... ………続きを読む

一助になれば!

高橋浩一 (2013年2月24日 16:51) コメント(2)

音楽 いいですよね!   Alldays  http://www.takahashik.com/blog/2012/11/-alldays.html メンバー全員、何か皆様のためになればと考えています。   昨年秋のライブ、曲のセット・リストを考えていた時です。   私が拝見させて頂いている脳脊髄液減少症と闘っている少女から、一曲、リクエストを頂きました。  ... ………続きを読む

フラワー・バレンタイン

高橋浩一 (2013年2月19日 21:52) コメント(4)

少し遅くなりましたが、ハッピー・バレンタイン 女性の方々に贈ります! http://youtu.be/hddy8jVZni8... ………続きを読む

夕べのコンサート

高橋浩一 (2013年2月17日 13:11) コメント(8)

脳脊髄液減少症を患われた友人を持ち、本症認知に協力頂いている歌手、 横洲かおるさんが、 http://k-yokosu.com/ 3月15日(金)、山王病院 1階アトリウムにて、ロビーコンサートを開催されます。 夕べのコンサート.pdf http://sannoclc.or.jp/info/detail.php?id=275 入場無料のコンサートですので、是非、お越し頂けたら幸いです。 癒しのひと... ………続きを読む

市川にて

高橋浩一 (2013年2月16日 08:55) コメント(4)

先日、千葉県市川市平成24年度 第2回市川市保健主事研修会にて「脳脊髄液減少症を理解しよう」と題して、講演させて頂きました。まずは貴重な機会を頂きました関係者方々、そして御参加頂いた方々に心より御礼申し上げます。脳脊髄液減少症について、それから学童期発症例について、症例を交え説明させて頂きました。認知が進み、本当は病気を患っているにもかかわらず、なまけ病などと判断されている方々が、早期に回復できる... ………続きを読む

髄液の産生と吸収の再考

高橋浩一 (2013年2月10日 11:11) コメント(12)

第14回 日本正常圧水頭症学会  宮嶋 雅一会長が掲げたテーマは、 「髄液の産生と吸収の再考」 でした。 髄液の産生、吸収の機序に関しては、未だ不明な点が残されています。  http://www.takahashik.com/blog/2010/05/post-229.html  先日の、第14回日本正常圧水頭症学会では、佐藤修東海大学名誉教授をはじめ、上矢状洞付近での髄液吸収は主経路で... ………続きを読む

脳萎縮との鑑別が困難であった正常圧水頭症の2例

高橋浩一 (2013年2月10日 10:21) コメント(0)

第14回 日本正常圧水頭症学会  http://nph2013.umin.ne.jp/ 以下の演題で発表してきました。抄録を添えます。 脳萎縮との鑑別が困難であった正常圧水頭症の2例  【目的】今回、広範な脳梗塞、および脳挫傷後に脳室拡大を呈し、他院にて脳萎縮と判断されていたが、その後の精査にて正常圧水頭症と診断し、腰椎―腹腔シャントが効果を示した症例を経験したので報告する。&... ………続きを読む

ガラスの階段

高橋浩一 (2013年2月 6日 19:38) コメント(6)

先日のドラマ「ガラスの階段」を見ていて、初めて、虐待された子どもを診た時の事を思い出しました。   あれは、まだ医師になって数年目の頃でした。   あっちこっちに傷があって、汚い服を着て、ぐったりしていて、全身が汚れていて・・・   子どもになんて事するんだ!   同じ小児病棟に脳卒中や脳腫瘍などで、生きたくても、生かせたくても守れない子どももいる中、何をし... ………続きを読む