山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2012年11月アーカイブ

予防接種

高橋浩一 (2012年11月28日 16:11) コメント(6)

インフルエンザなどの予防接種からブラッドパッチまで、どの程度間隔をあければよいか? といった質問をよく頂きます。 麻酔と、予防接種の間隔は、免疫の関係などで2週から4週間あけるべきといわれています。 予防接種には大きく 生ワクチン (ポリオ、麻疹、風疹 MRワクチン、BCG、流行性耳下腺炎、水痘) と 不活化ワクチン (三種混合、インフルエンザ 日本脳炎、B型肝炎 肺炎球菌、Hib) があります... ………続きを読む

向上の心理学

高橋浩一 (2012年11月25日 09:05) コメント(0)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 高妻容一教授より 「向上の心理学」 という非常に興味あるお話しがありました。   継続して勝つには、どうしたらよいか!?   勝利の後に、勝利を求める 高い向上心を保ち続ける 優秀な人材を集める 指導者が、しっかりとした理念を持っている チームとして共通のモチベーションを持っている   などが挙げられま... ………続きを読む

脳脊髄液漏出症画像判定基準

高橋浩一 (2012年11月25日 08:30) コメント(0)

本年春に、厚生労働省脳脊髄液減少症の診断・治療法に関する研究班が脳脊髄液漏出症画像判定基準を発表しました。 その後、脳脊髄液減少症(漏出症)に対して、ブラッドパッチ治療が先進医療に認められるなど、本症が病気としての認定が進んでいると感謝申し上げます。 私は研究班員でないのであくまで私見ですが、一方でこの画像判定基準には、とても釈然としないものを感じていました。   本研究では起立性... ………続きを読む

野球審判を通じて

高橋浩一 (2012年11月24日 16:19) コメント(0)

先日、「サムライアンパイア37の会」に参加してきました。 http://www.takahashik.com/blog/2012/10/37-1.html 平林 岳さんの御講演 日本とアメリカの考え方や文化の違いを、野球を例に具体的に解説頂き、アメリカの良い点は見習って、どんどん取り入れていったら良いのではないか!   例えば、   欠点修正でなく長所を伸ばす! コミュニケーシ... ………続きを読む

発症早期の点滴+安静

高橋浩一 (2012年11月24日 15:55) コメント(15)

何らかの外傷後に、立位で悪化する強固な頭痛などの体調不良が出現した場合、まずは 「点滴+安静」 が、効果を示す場合があります。 http://www.takahashik.com/blog/2012/07/post-503.html   最近では、複数の医師が、発症早期の点滴+安静の有効性を指摘しています。 私自身、この対応法で治療させて頂いた方々も少なくありません。 この対応を知ってい... ………続きを読む

仲間!

高橋浩一 (2012年11月24日 15:28) コメント(7)

野球部に所属する男子中学生のI.C君。 練習中に転倒、右半身を強打しました。 打撲部の痛みはありましたが、他には特に体調不良などなく、普通に通学していました。 しかし数日後、頭痛、めまい、吐気など出現、学校に行けない状態となりました。 小児科、耳鼻科、脳神経外科・・・ 様々な診療科を受診しますが、特に異常が認められません。 そして時間だけが、ただただ過ぎていきました。 体調不良が持続するため... ………続きを読む

御礼 / Alldays

高橋浩一 (2012年11月20日 17:52) コメント(2)

先日のAlldaysのライブ、多くの方々に御参加頂きました。 温かい御声援などなど、心より御礼申し上げます。 中には治療させて頂いた方々にも御参加頂きました。 本当にありがとうございました。 それからライブを楽しみにして頂きながら、体調不良で御参加できなかった方々もいらっしゃいました。 にもかかわらず激励のメールなど、感謝、感謝です。 本業への力に変えて、益々頑張っていきます! &nbs... ………続きを読む

埼玉県東部高等学校保健会

高橋浩一 (2012年11月20日 17:26) コメント(2)

埼玉県東部地区の高等学校、特別支援学校の養護教諭を対象とした埼玉県東部高等学校保健会にて 「小児期発症の脳脊髄液減少症ー脳神経外科的視点からー 」 と題して講演させて頂きました。   関係者方々に心より御礼申し上げます。 御参加頂いた先生方には非常に熱心に講演を聴いて頂き、また、貴重な質問も賜り、非常に有意義と感じました。   最近、山王病院を受診する学童期発症の脳脊髄液減少症... ………続きを読む

頭痛に関して

高橋浩一 (2012年11月13日 16:37) コメント(4)

頭痛は、成人では半数近くの方々が持っていると言われています。 http://www.takahashik.com/blog/2009/10/post-154.html 多くの場合は、脳腫瘍や、くも膜下出血などの病気からくる頭痛ではありません。 病気からくる頭痛でなければ、いかに上手く付き合っていくかが大切になってきます。 ただし頭痛が強固で、日常生活や就労、就学に支障をきたす場合は治療が必要になり... ………続きを読む

走ってきました!

高橋浩一 (2012年11月 6日 20:31) コメント(2)

  学生時代に戻り、8人でタスキをつなぎました! 心地良かったです!  ... ………続きを読む

基礎研究

高橋浩一 (2012年11月 6日 18:28) コメント(6)

iPS細胞! ノーベル賞受賞、研究費も増えて、今後もさらに研究が進んでいくと思います。 脳脊髄液に関しても、このような勢いで研究が進めば、脳脊髄液減少症のみならず、現在の医学では原因不明の味覚障害、視覚障害、聴覚障害、自律神経失調などの病態解明につながるかもしれません。 髄液に関しては、不明な点だらけです。   http://www.takahashik.com/blog/2010/05... ………続きを読む

あくまで通過点です!

高橋浩一 (2012年11月 6日 17:58) コメント(2)

飯山!ナイス!サヨナラヒット! 私にとっての2012年プロ野球は、日本ハムファイターズのサヨナラ勝ちで終えました! 来シーズンも頑張って下さい!... ………続きを読む

秋季セミナーにて

高橋浩一 (2012年11月 6日 17:32) コメント(4)

むち打ち治療協会主催秋季セミナー http://www.takahashik.com/blog/2012/10/post-555.html にて、 「むち打ち症と脳脊髄液減少症について」 のタイトルで講演させて頂きました。  会員の先生方から、 「整骨院、接骨院で可能な診断(判断)方法、その対処、鑑別診断方法は?」 「日々の問診、視診、触診で、脳神経外科への紹介のタイミングとなる見落とし... ………続きを読む