山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

女子バレーボール、28年ぶりの銅メダル獲得、おめでとうございます。

ライブで観ていて、興奮しました!

今回のロンドン・オリンピック、日本の団体チームでの活躍が目立ちます。

体操男子団体総合

卓球女子団体

サッカー女子団体

フェンシング男子フルーレ団体

男女、競泳メドレーリレー

アーチェリー女子団体

メダル獲得おめでとうございます。

チームワーク、そして様々な絆があっての活躍と思います。

 

高橋浩一 (2012年8月12日 11:36) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生

団体種目の活躍は、個人種目とはまた違った「ワクワク感」がありますよね。「力の合体」のすばらしさだと思います。

日本は、元来、農耕民族ですから、「共同作業」は得意なはずです。
しかし、教育のせいもありますが、最近は、「個性」ばかりが大きくとりあげられ、「協力することの大切さ」「他人を生かすこと」「思いやり」などが軽視されていると感じます。

そういうことを思い出させていただいた「団体戦」でした。

そして、「絆」の根底には、やはり、「親子」や「兄弟・姉妹」が大切なのだということを、選手のインタビューやプロフィール紹介ビデオなどからも、改めて強く感じた大会でもありました。

高橋先生、こんにちは。
高橋先生のブログ、いつも読ませていただいております。

オリンピックの舞台で、最後の最後まであきらめずに戦う選手皆さんの姿に、怪我と闘う私も勝手に自分と重ねあわせて、大きな元気と感動をもらいました! 

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

本当ですね!吉田選手、三宅選手のように親子の‘絆’もありました!観ていて感動です!

8様

コメントありがとうございます。

オリンピックに出場されるような怪物的な方々でも、その考え方や姿勢は、多くの方々が見習えるのもがあります。

オリンピックで感動して、そのパワーで病気を倒して頂けたら幸いです。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。