山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

女子レスリング

48キロ級、小原 日登美選手

55キロ級、吉田 沙保里選手

63キロ級、伊調 馨選手

金メダル獲得おめでとうございます。

また浜口 京子選手、お疲れ様でした。

女子レスリングは、吉田選手、伊調選手の3連覇に湧いています。

オリンピックに挑戦して、優勝する!1回でも大変なのに3大会続けてというのは想像できない苦労があった事でしょう。

小原選手 8回も世界選手権で優勝しながら、本来の階級がオリンピックでは実施されないなど、北京まではオリンピック出場がありませんでした。

http://number.bunshun.jp/articles/-/237140

北京オリンピック後に一時は引退されましたが、復帰してのオリンピック金メダル、すごく素敵です!

浜口選手、3回のオリンピック出場は立派です!

試合後の御父様からの「ハグしよう!」との言葉に表れている感じです。

 

高橋浩一 (2012年8月12日 11:22) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生

女子レスリング界には、有名な姉妹が何組かあります。

オリンピックで両方メダルを取った伊調姉妹、今回の小原(旧姓坂本)姉妹。そして、それ以前に、ずっと世界チャンピオンだった山本姉妹。

その姉妹たちの、三すくみの闘いが女子レスリングの歴史を築いてきたわけでもあります。

また、浜口選手は、外国人選手と圧倒的に体力差がある重い階級で、よく今まで勝ってきました。

今回の一回戦で負けた試合も、「勝負の賭に出た結果」の末のことで、本当に立派でした。
これからの女子重量級の選手育成が待たれるところです。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

山本姉妹も元世界チャンピオンでした。複数回、世界選手権で優勝してもオリンピックに出場できないのは、女子レスリングだけではないでしょうか!改めて吉田選手、伊調選手のレベルの高さを感じます。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。