山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

おめでとう!フジカキペア

ロンドン・オリンピック

 

バドミントン女子ダブルス、藤井瑞季選手、垣岩令佳選手ペア、銀メダル獲得おめでとうございます。

 

試合はライブで見ていました。

 

もう一歩の所で2セット目を落としたのは残念ですが、全力で闘う姿勢が伝わり感動しました。

 

他の日本選手の活躍にも、感動の連続です。

 

オリンピック、素晴らしい!

 

高橋浩一 (2012年8月 6日 11:25) コメント(2)

コメント(2)

高橋浩一 先生

一度勝ったカナダペアにも、全力で戦っていましたね。

バドミントンの競技人口を調べてみました。↓
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3976.html

「先端が鋭い。」ほかに、「底辺が広い。」ということは、どの分野でも、レベルが上がる上で大切な要素です。
(脳脊髄液減少症の周知も、例外ではありませんね。)

どんなに上手な人が数人いても、その人が峠を過ぎてしまえばおしまいです。
そこへいくと、バトミントンには、「常に人員を補給できる」要素があるのだと思います。

その結果が、オグシオ→スエマエ→フジカキと続いているのだと思います。

その正反対が、「柔道」ではないでしょうか。
もう一度、データをご覧下さい。

「羽根つき」のイメージとは違って、とても激しい球技ですし、学校では、夏でも体育館を閉め切らないと競技できないので、子どもたちにとっても、決して楽なスポーツではありません。

でも、この先も、バドミントン人気は、衰えることはないと思います。

柔道も、この辺を考えないといけないと思います

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

バドミントン人気が上がる事は、私にとっても嬉しいです!

数十年前は、羽根つきの印象が強かったスポーツですが、今回の決勝でのフジカキペアの闘いをはじめ数々の試合は、激しいスポーツであるとの認識を高めてくれてるのではと期待します!

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。