山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

news every.

「南海キャンディーズのしずちゃん」こと山崎静代さん

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000515-sanspo-fight

精密検査で異常がなく、良かったですね!是非、オリンピック目指して頑張って頂きたいです。

 

本日、日本プロボクシング・コミッションドクターの立場として、「news every.」に取り上げて頂きました。

関係者方々に厚く御礼申し上げます。

 

ライセンス交付前にMRIなど頭部の検査が義務付けられているのは、国内ではプロボクシングだけだと思います。

プロボクシングは、年間1,000試合程がKOで勝負が着きます。

このKO決着のほとんどの試合で、ボクサーは脳震盪などの頭部への、かなりの衝撃を受けていると推測されます。競技人口に対して、高い確率です。

そのため硬膜下血腫などの発生を未然に防ぐべく、対策が検討され、ライセンス交付前の頭部検査の他に

 

早期レフェリーストップによって頭部外傷からのリング事故防止

KO, TKOによる敗戦から原則90日以内の出場停止

頭蓋内出血を起こしたボクサーに対して引退勧告

http://www.takahashik.com/blog/2012/03/post-465.html

 

などの条件を定め、現在に至っています。

 

高橋浩一 (2012年4月17日 18:18) コメント(2)

コメント(2)

先日は、講演会の打ち合わせのお時間を頂き、ありがとうございました。

しずちゃん、異常無しで良かったです。

ブログにてのご案内、宜しくお願い致します。

A.T様

コメントありがとうございます。

それから、こちらこそ、ありがとうございました。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。