山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

高高 (たかたか)

第84回選抜高校野球大会

私の故郷の一つ、群馬県代表の高崎高校、通称、「高高」(たかたか)

初戦で敗退はしましたが、健闘を讃えたいと思います。

先取点のシーンは、とてもしびれました!

いつの日か、甲子園で勝てる日が来る事を祈ります!

高橋浩一 (2012年3月25日 19:00) コメント(6)

コメント(6)

髙橋浩一 先生

「たかたか」を私も、県人として応援しておりました。
今、高校野球は、選手の取り合いで、公立高校、就中、進学校は、なかなか甲子園に出場できません。
しばらく前に、国立(くにたち)高校が「都立の星」ともてはやされましたが、かなり昔のことに感じられます。

今後も、「たかたか」のような高校がまた出てくることを期待します。

高橋先生

泣いていた娘の母です。

本当に「高高」残念でした。
23日雨で順延・・翌日もノーゲームと・・・
きっと本来の野球が出来なかったと思います。

進学校でありながら スポーツも盛んで
4強入りした「健大高崎」と練習試合をしたりしているそうです。
「高高」の分も「健大」に頑張って欲しいです。


あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

「両立」、学生の頃から心に響く言葉と感じていました。

私自身も公立高校出身で、打倒!私立の強豪校!を目標にしていた頃もありました。

泣いていた娘の母様

コメントありがとうございます。

健大の活躍、凄かったですね!群馬県勢、強いです!

高橋浩一 先生
「たかたか」は、文武両道を地で行った学校です。
今、私立高校で、甲子園にも出場しながら有名大学への進学率も高い学校もありますが、それらはすべて、野球をしている人と大学を受験する人は別の「文武別々」です。
高校は、義務教育でないので、それでもいいのかもしれません。
でも、もし、問題があるとすれば、ここでも「どんなに突き詰めてみても、こどもの問題は、大人の問題」だと思うのです。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

本当ですね!一芸を伸ばすというのもありだと思いますが、難しい問題です。

吉村昭氏の著書にヒントがないか、読んでみたいと思います。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。