山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2011年3月アーカイブ

高校野球

高橋浩一 (2011年3月26日 18:57) コメント(2)

http://www.youtube.com/watch?v=PBV-9bHzy2c&feature=related   今できる事を 精一杯 元気を出して!   生かされている命に 感謝し! ............................ 感動しました!   頑張ろう!日本!... ………続きを読む

脳脊髄液減少症の治療

高橋浩一 (2011年3月26日 18:27) コメント(2)

第9回 脳脊髄液減少症研究会 脳脊髄液減少症の治療については、特に熱い討論が繰り広げられました。 ブラッドパッチ自体の工夫、ブラッドパッチ以外の方法などなど・・・ 様々な有意義な情報がありました。 現段階では、将来的な成績など不明な点が多く、かえって皆様を混乱させかねますので、あえて、詳細は述べません。 しかし、このような真剣な取り組みが、脳脊髄液減少症の治療成績向上に結びつくと信じています。 &... ………続きを読む

髄液の基礎研究

高橋浩一 (2011年3月22日 19:01) コメント(2)

第9回 脳脊髄液減少症研究会 臨床の成績向上のためには、基礎研究が重要です。 本研究会では、基礎研究に携わる先生の発表を含め、髄液の循環、吸収といった基礎医学的な討論も活発に行われました。 http://www.takahashik.com/blog/2010/05/post-231.html 堀越会長による、本研究会のテーマ「ブラッドパッチは何故効くのか?効かないのか?」にも通じうる、重要で意義... ………続きを読む

さらに認知度上昇を!

高橋浩一 (2011年3月20日 10:05) コメント(5)

第9回脳脊髄液減少症研究会 医師の他に、看護師、弁護士、柔道整復師など様々な分野から、合計31演題 + 特別講演が行われました。  一般社団法人むち打ち治療協会 http://www.mutiuti.jp/ 柳澤正和先生の発表では、協会所属の接骨院、整骨院への来院患者を対象に、脳脊髄液減少症認知度調査を行われました。 2000件以上のアンケート結果は、脳脊髄液減少症を知っている方々は... ………続きを読む

山王病院は凄い!

高橋浩一 (2011年3月20日 09:56) コメント(4)

先日の東北地方太平洋沖地震 、当時は、山王病院で外来診療をしていました。 院内では、長時間の揺れを感じましたが、私の知る限り、物が倒れたり、落ちたりというのは、医局の私の机の上に置いてあったファイターズ・ボールのみでした。 さすが、免震構造の山王病院と感じました。... ………続きを読む

感謝!

高橋浩一 (2011年3月15日 19:11) コメント(4)

東北地方太平洋沖地震 http://www.takahashik.com/blog/2011/03/post-329.html 故郷が名取である私にとって、なんとも心痛な現実です。 そんな状況で、世界からの暖かい支援、声援、本当にありがたく感じています。 今までに感じた事のない、強い、強い感謝です。 http://www.youtube.com/watch?v=sOsgaYzHOpU  ... ………続きを読む

東北地方太平洋沖地震

高橋浩一 (2011年3月13日 10:03) コメント(7)

大震災に心を痛めています。 犠牲者に哀悼の意を表します。... ………続きを読む

脳脊髄液減少症患者側代理人の立場から

高橋浩一 (2011年3月 8日 18:21) コメント(14)

第9回脳脊髄液減少症研究会 ある弁護士先生から「脳脊髄液減少症患者側代理人の立場から」という演題で、貴重な発表をして頂きました。 現状、1割程度の勝率である交通事故後の脳脊髄液減少症裁判について、裁判の争点、医療従事者として、どのように医療記録を残すか、今後の課題などについて御教授頂きました。 しかし現状、診断基準の問題、事故との因果関係をいかに立証するかなど、課題が残されています。 現在の... ………続きを読む

お知らせ

高橋浩一 (2011年3月 6日 13:27) コメント(6)

「幸せをはこぶ天使のパン」 http://www.takahashik.com/blog/2010/12/post-307.html が、漫画化されました。「GAKUMAN plus」3/4月号(小学館)に掲載されています。 壁にぶち当たった時、絶望感で倒れそうな時、地獄のような日々を送る時、どのように克服するのかは、非常に難しい問題です。 多以良氏は、子どもの頃からの夢であった、競輪選手を諦めな... ………続きを読む

体位性頻脈症候群

高橋浩一 (2011年3月 6日 09:01) コメント(6)

第9回脳脊髄液減少症研究会 脳脊髄液減少症でブラッドパッチ後も頭痛が遷延した症例に、体位性頻脈症候群を合併する事があるという発表がありました。 体位性頻脈症候群とは、起立負荷で脈拍が増加する病態です。 提示頂いた症例は、すべて、長期臥床状態でした。そして、痛みによる長期臥床の結果、体位性頻脈症候群を呈した可能性について述べられました。 体位性頻脈症候群には、片頭痛様の頭痛や筋膜痛、疼痛を伴う... ………続きを読む

ひな祭り

高橋浩一 (2011年3月 3日 19:07) コメント(6)

今晩の山王病院メニューです。 ひな祭り気分に浸っています。 話は変わり、第9回脳脊髄液減少症研究会 医師の他に、看護士、弁護士、柔道整復士など様々な分野から、合計31演題 + 特別講演が行われました。 研究会で学んだ事など、少しずつアップさせて頂きます。 http://www.youtube.com/watch?v=JdnKviBbiRw&feature=related    ... ………続きを読む