山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

幸せをはこぶ 天使のパン

「幸せをはこぶ 天使のパン」 宇佐美総子著(主婦と生活社)

http://gateaudange.com/

競輪選手の多以良泉己氏は、レース中の転倒により脊髄損傷、高次機能障害、脳脊髄液減少症を患いました。

事故直後は生死を彷徨い、医師からは一生寝たきり状態を宣告される程の大怪我でしたが、奥様である宇佐美総子氏の献身的な介護と、懸命のリハビリを経て奇跡的な回復をみせました。

しかし現在でも、左半身の運動麻痺や記憶力低下、頭痛などの症状があり、人生を投げ出してもおかしくない状況です。

ですが、現状で何ができるのか現実を認識され、その上で目標を設定し、人生を楽しまれています。

多以良氏の作るパンは、幸せと勇気を与えます。

またパンを作る事で、幸せを感じてくれる人がいる!と、多以良氏は、パン作りに楽しみを見出しています。

さらに多以良氏はパラリンピック出場を目標に、自転車の練習も再開しました。

「どうか、みんな苦しみの中に光を見つけて、楽しむことを忘れず、今を大切に生きてほしい」

著者の言葉が、熱く、重く響きます。

http://www.youtube.com/watch?v=FBMkYB9sJug&feature=related

 

高橋浩一 (2010年12月29日 20:25) コメント(4)

コメント(4)

高橋浩一 先生

>「どうか、みんな苦しみの中に光を見つけて、楽しむことを忘れず、今を大切に生きてほしい」

この言葉は、今の私には、特に重く響きます!
何か困ったことが起きると、人間は、「原因」を探します。
でも、「原因」は、過去のことだから、変えられないことが普通です。
特に、病気や大きなけがの場合、「元通り」を期待することは難しい…

「今」をしっかり見つめて、これから先の「未来」をどのように生きていくかを考える…

これだったら、自分でどのようにでも変えられるし、変えなくてはいけない、と思うのです。

また、病室で考えてみます。

高橋先生、お久しぶりです。
わたしの高校の同級生にも競輪選手がいて、その方も落車した事を思い出しました。
人間、病気や怪我をすると弱くなります。わたし自身もそうですが、一人では進めない事も、周りの人のおかげで前進できる事を実感しています。

7月からはじめた、リハビリも半年間休まず続ける事が出来ました。これも、スタッフの方と来ている患者さん達のおかげだと思っています。そして、来年の目標に向けて準備しています。来年は、もっと頑張りたいと思います。


今年も色々お世話になりました。良い年をお迎えくださいませ。年末は、お忙しいと思いますが、体調など崩されぬよう、どうぞお体ご自愛ください。

あきちゃんで~す様

コメントありがとうございます。

多以良氏は、脊髄損傷で、競輪選手をあきらめざるを得ませんでした。想像を絶する苦悩があったと推察します。

それでも光を見つけ、今の自分にできるパン作り、それから障害者自転車競技という、今できる事、未来につながる事を頑張られている姿勢は、とても勇気を頂く想いです。

あきちゃんで~す様、本年もよろしくお願い申し上げます。

yamaguchi様

コメントありがとうございます。

怪我や病気、一人で苦しまず、周囲の方々の協力を頂く事も大切ですね!

yamaguchi様も、リハビリなど頑張っている様子、嬉しく思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

コメント

*コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。