山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2010年10月アーカイブ

ドーム

高橋浩一 (2010年10月31日 10:36) コメント(2)

今回の学会で二つのドームを見学してきました。 一つは で、もう一つは   です。 広島は初めての訪問です。 以前より、この地は必ず見てこなくてはいけないと、自分の中で義務と考えていましたが、ようやく今回、福岡からの帰路に、訪れる事ができました。 人が一人でも亡くなられると、とても悲しく感じます。原爆は、一瞬にして多くの方々の命を奪いました。 被爆者の方々の体験談や遺品を眺めていると、とて... ………続きを読む

福岡にて

高橋浩一 (2010年10月30日 14:03) コメント(17)

福岡の滞在は、初めてです。 学会場から船にのって、志賀島に行ってきました。金印が発見された場所として、歴史的に有名です。 限界島と、福岡の街 金印の発見された金印公園 綺麗な海に、潮の香り  綺麗な山   自然に触れ、気持ちが和みました。    ... ………続きを読む

日本脳神経外科学会 

高橋浩一 (2010年10月30日 13:31) コメント(3)

日本脳神経外科学会第69回学術総会が、先日、福岡にて開催され、参加してきました。   学会初日:一般口演 慢性硬膜下血腫を合併した特発性低髄液圧症候群―23症例における臨床像と対応法― と題して発表させて頂きました。 脳脊髄液減少症治療第一人者の先生方はもちろん、本症について懐疑的な考えを持たれている先生方も多く参加され、様々な点から、以前より注目されつつあると感じました。  ... ………続きを読む

玄界灘に

高橋浩一 (2010年10月28日 08:31) コメント(2)

さっそうと現れています。... ………続きを読む

一流の指導者とは!

高橋浩一 (2010年10月23日 18:31) コメント(6)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会では、東海大学 高妻容一教授、それから東海大学のスタッフの方々が、日本スポーツ心理学会・スポーツメンタルトレーニング指導士資格認定10周年記念講演・シンポジウムの報告を頂きました。 まず、一流選手に共通している点は 1. 自分で気づける 2. 高い目標を持っている 3. 人の話を聴く 4. あきらめない心を持っている などがあげられます。... ………続きを読む

千葉市にて

高橋浩一 (2010年10月22日 12:26) コメント(6)

先日、千葉市教育研究会教育相談部会主催で 「医師から見た脳神経外科疾患児童生徒に対する教育的支援」 と題して、講演させて頂きました。 関係者の方々、御参加頂いた方々に熱く御礼申し上げます。 また、私のブログに最多のコメントを賜っている「あきちゃんで~す」様、このような機会を頂き、ありがたく思います。 それから脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋の方々にも御協力頂きました。 特に、おせつ様には、患者... ………続きを読む

習慣

高橋浩一 (2010年10月16日 17:15) コメント(2)

「習慣」という言葉は、子どもの頃から頻繁に接してき過ぎて、当り前なようで、深く考えた事がなかったように思います。 しかし、 「結果を出す人の心の習慣」(高妻容一著、サンマーク出版) 「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著、キングベアー出版) を読むにつれ、習慣という言葉の意味を少し考えるようになりました。 そこで習慣の意味を調べてみると、 1 長い間繰り返し行ううちに、そうするのがきまりのよ... ………続きを読む

群馬での講演

高橋浩一 (2010年10月12日 19:20) コメント(1)

先日、群馬県で講演させて頂いた際の、実施報告、 http://nanbyou.dept.med.gunma-u.ac.jp/pdf/kiroku10.9.2.pdf 並びに質問・回答が、 http://nanbyou.dept.med.gunma-u.ac.jp/pdf/kaitou.pdf 群馬県難病支援センター・ホームページにてアップされています。 http://nanbyou.dept.me... ………続きを読む

大沢親分

高橋浩一 (2010年10月 8日 12:02) コメント(2)

親分こと、大沢啓二元日本ハムファイターズ監督の突然の訃報に、大変驚き、残念でなりません。 大沢親分は、私を日本ハムファイターズファンに引き入れて頂いた方です。 熱くファイターズを応援させて頂き続けてこれたのも、親分のおかげです。 昭和50年代のお荷物球団と言われたファイターズを乱闘や退場を繰り返しつつも、熱く支えて頂きました。 最近では2006年にファイターズが日本一に輝いた時、上機嫌にファイター... ………続きを読む

アミノバイタルプロ

高橋浩一 (2010年10月 7日 06:51) コメント(20)

脳脊髄液減少症の研究は、厚生労働省の班研究や治療を行っている病院をはじめ、大学研究室でも行われています。 東京大学大学院新領域創成科学研究科では、脳脊髄液減少症の補助療法としてアミノ酸の有効性を研究しています。 脳脊髄液減少症患者であり、東京大学大学院新領域創成科学研究科の山室真澄教授は、アミノ酸サプリの「アミノバイタルプロ」により、特に疲労感が回復し、ほとんど完治した事に研究の発端がありまし... ………続きを読む

ほのぼのとした話

高橋浩一 (2010年10月 5日 19:29) コメント(4)

O.Kさん(40歳、男性) 私が山王病院に勤務し始めた平成18年に拝見させて頂きましたが、当時は脳脊髄液減少症でほとんど寝たきり状態でした。 本当に辛そうな姿は印象的で、現在でも記憶にあります。 しかし、ブラッドパッチや外リンパ漏の手術にて状態は徐々に改善しました。 現在では仕事も再開し、日常生活はほとんど支障がないまでに快復されました。 先日、O.Kさんが外来を受診され、快復の喜びや、あの辛い時... ………続きを読む

曙満ち来る

高橋浩一 (2010年10月 3日 08:55) コメント(2)

先日、東京慈恵会医科大学創立130年、同窓会設立85周年 合同記念祝賀会に参加してきました。 私達が医学に集中して勉強できるのも、明治の動乱、関東大震災、大東亜戦争などの難局を、諸先輩方々が乗り越えてきて頂いたからこそと、130年の歴史の重みと、感謝の念を改めて抱きました。 母校の校旗には身が引き締まる想いです。 最後は、先輩先生方と、慈恵の歌「曙満ち来る」を斉唱しました。   &nbs... ………続きを読む

ベイビー!

高橋浩一 (2010年10月 2日 17:13) コメント(10)

脳脊髄液減少症でブラッドパッチを受け、本年1月に男児を出産された女性、元気な息子さんを連れて来院頂きました。 http://www.takahashik.com/blog/2010/01/post-184.html まだ症状は残っていて苦しくなる時もあるそうですが、楽しく、元気に暮らしているとの事でした。 妊娠、出産、子育てなど心配な点は少なくなかったが、息子さんを産めて良かったと話されていました... ………続きを読む