山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2010年9月アーカイブ

重症を診るという事は

高橋浩一 (2010年9月26日 10:20) コメント(4)

院内感染が問題になっています。 帝京大学に関しては、報告の遅れという問題は考慮すべきですが、重症患者の診察をする上では、一定の割合で、院内感染は発症し得ますので、重症患者の診療を行っている病院として、必ずしもすべてが悪いとは思いません。 問題は院内感染の対策を取っているかどうかが重要と考えています。おそらく、重症患者を受け入れている病院は何らかの院内感染対策を講じて、実践していると思います。 &n... ………続きを読む

自動車保険金は出ないのがフツー

高橋浩一 (2010年9月25日 20:26) コメント(2)

自動車保険金は出ないのがフツー、加茂隆康著(幻冬舎新書) http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E3%81%AF%E5%87%BA%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%83%95%E3%83%84%E3%83%BC-%E5%B9%BB%E... ………続きを読む

むち打ち症

高橋浩一 (2010年9月20日 11:02) コメント(2)

先日、むち打ち症治療協会 2010秋季セミナーにて 「むち打ち症の部分症である 脳脊髄液減少症について」 と題して、講演させて頂きました。   主催は、むち打ち治療協会 http://www.mutiuti.jp です。 むち打ち治療協会代表の柳澤正和先生をはじめ、関係者、参加者の方々に熱く御礼申し上げます。 参加者の多くは、むち打ち症治療を専門とされる柔道整復師の先生方です。 小生の講... ………続きを読む

再発の予防には!

高橋浩一 (2010年9月18日 07:50) コメント(8)

再発をしない事のみを考えるのであれば、24時間、安静を保っているべきです。 しかし、それでは人として発展しません。また、体力も衰えます。 再発予防の注意は 一言でいえば、無理のし過ぎに注意という事になりますが、どこまでが大丈夫で、どこからが無理になるかは、一概に判断できない難しい問題です。 症状が悪化された方々の中で、マイペースを保てなかった、例えば仕事中に休息が摂れなかった、授業中に休... ………続きを読む

エイズとともに生きる子どもたち

高橋浩一 (2010年9月15日 18:35) コメント(6)

東京慈恵会医科大学時代の同級生、山本敏晴先生写真展 「HIV/エイズとともに生きる子どもたち」が、新宿エルタワーで開催されています。 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100831_390539.html?ref=rss https://my-mai.mainichi.co.jp/mymai/modules/shashinbu35/details.... ………続きを読む

見逃し症例から

高橋浩一 (2010年9月12日 16:25) コメント(4)

TBS 日曜劇場「GM~踊れドクター」を監修されている千葉大学総合診療部 生坂 政臣教授著書 「見逃し症例から学ぶ 日常診療のピットフォール」 (医学書院)を拝読させて頂きました。 器質性疾患にあてはまらず検査が正常だから心因性だろう、という思考プロセスは危険である。 上手な医療面接は、それ自体が患者を癒す。 その他 いかに日常の外来診療を楽しむかなど、実際の症例をクイズ形式で提示され、解説されて... ………続きを読む

総合診療科

高橋浩一 (2010年9月 7日 07:20) コメント(5)

TBSテレビの、東山紀之さん主演、「GM~踊れドクター」を、ほとんど毎週、拝見させて頂いています。 http://www.tbs.co.jp/GM-odore/ 一見、精神疾患と思われる方でも、問診や検査を重ねて、精神疾患でない病気の存在を診断する! このドラマのような、本来は〇〇病なのが、精神疾患と診断されている症例は、決して少なくないのではないかと思います。 そのような方々のために、総合診療科... ………続きを読む

群馬

高橋浩一 (2010年9月 3日 11:39) コメント(20)

先日、群馬県前橋市にて、「脳脊髄液減少症 (低髄液圧症候群) -その病態と対応ー」と題して、講演させて頂きました。 群馬は父の生まれ育った地で、私にとっての故郷の一つです。 故郷で講演させて頂けた事、関係者の方々、それから御参加頂いた方々に熱く御礼申し上げます。 講演後に多くの質問を頂きました。その中で、近くに脳脊髄液減少症を診てくれる病院は?という質問が、現実的に大きな問題と思いました。 なかな... ………続きを読む

女子プロ野球

高橋浩一 (2010年9月 3日 11:16) コメント(2)

先日、神宮球場にて、女子プロ野球を観戦してきました。   男子の野球状況と比し、厳しい環境にある中、一つ一つのプレーに、女子の野球選手に夢を与えていきたい!そして、女子プロ野球を発展させていきたいという想いが伝わってきました。   また、女子プロ野球を支える方にチアリーダーの藤井ナナさんがいます。 http://www.takahashik.com/blog/2010/01/p... ………続きを読む