山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2009年3月アーカイブ

やってみな!

高橋浩一 (2009年3月29日 18:25) コメント(0)

A. Iさん(29歳、女性) 5年前の交通事故で、体調不良に陥りましたが、その原因は不明と判断され、家族や職場など周囲からの理解が得られません。 そして、会社を辞めます。 3年前に山王病院を受診、脳脊髄液減少症の診断にてブラッドパッチを施行、徐々に症状は軽減しました。 そして、社会復帰をはたしました。 しかし、復帰した職場から理解があまり得られず、ストレスが増大し、体調不良も重なって、どん底... ………続きを読む

プロゴルファーへの夢を求め続ける

高橋浩一 (2009年3月29日 09:06) コメント(0)

プロゴルファーを目指しているT.Sさん(男性)。 23歳の時に交通事故で脳挫傷を患いました。 脳挫傷後遺症にて脳高次機能障害、視野障害など後遺しました。  その他にも頭痛や頚部痛、倦怠感なども伴い、ゴルフどころか軽い運動にもかなり支障をきたします。 プロゴルファーの夢を諦めなくてはいけないのか!? とても悲痛とも表現できない、大きな、大きな苦悩があったと思います。 担当医に相談しても... ………続きを読む

できた事ノート

高橋浩一 (2009年3月28日 17:02) コメント(8)

J.N君は現在、小学5年の男の子です。 小学4年の時に脳脊髄液減少症の診断にて、ブラッドパッチを施行しました。 一時期、学校に通えるようになったのですが、起立で悪化する嘔気のため、再び通学不能になりました。 J.N君のお母様が、私の著書を読んで下さり、「できない事を叱るより、できた事を褒める!」という点に同感頂きました。 そこでお母様は、「できた事ノート」という、できた事をどんどん書き込ん... ………続きを読む

枝垂桜

高橋浩一 (2009年3月28日 13:35) コメント(0)

山王病院そばの乃木神社に咲く、枝垂桜です。 毎朝、乃木坂から乃木神社を通って通勤していますが、桜の美しさに気持ちが高まります。 ... ………続きを読む

曠野 すぐり氏

高橋浩一 (2009年3月25日 07:03) コメント(2)

私の親友に小説家、曠野 すぐり氏がいます。 すぐり氏は、非常な読書家である事に加え、スポーツ、音楽に長けています。また、人脈も豊富です。  このような背景に、先日、 「中央沿線物語 だいだい色の箱」 (まつやま書房)を出版されました。 早速、拝読させて頂きました。  多くの方々が利用する中央線に、日常の生活を重ね、出会い、別れ、喜怒哀楽など、誰もが何気なく行っている行動が描写... ………続きを読む

日本チームのV2を祝す!

高橋浩一 (2009年3月24日 17:20) コメント(4)

本日のWBC Final 、日本チームの勝利に感激です! しかし疲れました。 山王病院内では、落ち着いてテレビを見れないので、昼休みを利用し、近くのスポーツジムで試合を見る事にしました。  このスポーツジムではランニングマシーンで、テレビが見れます。 (逆にランニングしなければ、試合が見れません。)  13時30分から昼休みをとり、スポーツジムへ、回は9回の攻撃、丁度良いタイ... ………続きを読む

瑠璃色の地球 (中森明菜バージョン)

高橋浩一 (2009年3月21日 12:50) コメント(0)

26歳、女性 中学時代に強固な頭痛、めまいなどが出現、持続し不登校となりました。 20歳時、精神神経科で「統合失調症」の診断を受けました。 さらに、某大学病院にて「大鬱病」との診断を受け、大量の抗鬱剤の投与を受けるが効果が乏しかったそうです。その後、自殺企図もありました。 26歳時、本人が脳脊髄液減少症を疑い、山王病院を受診しました。脳槽シンチにて髄液漏出像を認め、ブラッドパッチを施行、その後、... ………続きを読む

メンタル・トレーニングの効果

高橋浩一 (2009年3月21日 09:24) コメント(0)

T.Sさん(88歳、男性)、数ヶ月の間に進行する意識障害、歩行障害などを主訴に私の外来を受診されました。 受診時、「無動、無言」状態、いわゆる動かず、喋らずでした。 画像所見を見ると、脳内の髄液がたまる部屋、脳室の拡大を認めました。  水頭症の可能性を検査するため、髄液を排除すると、直後に言葉を発します。しかし、数時間で、また元の状態に戻ります。 2回ほど、髄液排除を行いましたが、同様な... ………続きを読む

意外に知られていない水頭症

高橋浩一 (2009年3月18日 07:26) コメント(0)

T.Fさん(24歳、男性)、ボクサー  ある日、スパーリング中に頭部を強打し、某病院にて急性硬膜下血腫、脳挫傷の診断で緊急手術を受け、一時期、生死をさまよいました。が、その病院での適切な治療により、救命できました。  しかし、その後は意識障害が持続し、右半身の麻痺も後遺しました。Yes, Noの意思表示はできますが、言葉は全く発しない状態で1年が経過しました。 ある方から依頼... ………続きを読む

心因性脳梗塞と診断されて・・・

高橋浩一 (2009年3月17日 17:39) コメント(0)

ある日、突然左半身が動かない・・・! 半身不随になってしまった・・・・・。 ある男性のお話です。 すぐに病院に駆け込み、MRIなど様々な検査を受けますが、どこの病院に行っても原因不明と言われます。 彼は一流と言われる病院、大学病院の教授、部長クラスの医師を片っ端から受診しました。 やはり原因は分らず、ある教授は 「心因性脳梗塞」 と診断し、精神神経科を紹介したそうです。 彼は精神神経科受... ………続きを読む

瑠璃色の地球

高橋浩一 (2009年3月16日 12:53) コメント(4)

先日3月6日、千葉県いすみ市にて、「脳脊髄液減少症、特に小児症例について」を講演させて頂きました。 その際、BGMに松田聖子さんの「瑠璃色の地球」を使用させて頂きました。何人かの方から「涙が止まらなかった」といった、ありがたい感想を賜りました。 3月10日放送の「誰も知らない泣ける歌」で、私が学生時代から憧れていた中森明菜さんが歌う「瑠璃色の地球」が流れ、あまりのタイミングの良さに、つい見入って... ………続きを読む

HERS 4月号

高橋浩一 (2009年3月16日 09:37) コメント(0)

現在発売中の、「HERS 4月号」(光文社)の、夢叶うゴルフ 第6回 「どんな時でも集中できますように」のコーナーで、私の師匠、東海大学 高妻容一教授が登場しています。 私はこのコーナーで、医学的な見地から少しだけコメントさせて頂きました。( 本当にちょっとだけです。) 「脳科学理論で脳疲労を回復 集中状態を維持する」というタイトルです。  取材頂いたスーザン史子氏、および、光文社関係... ………続きを読む

ファイターズを支える偉大な方とお会いして

高橋浩一 (2009年3月11日 07:30) コメント(2)

私は、30年以上にわたり、日本ハムファイターズを応援しています。 当時のファイターズの監督であった、大沢親分の影響です。 先日、日本ハムファイターズの山田正雄ジェネラル・マネージャー (GM) を囲む会が、強烈なファイターズファンの間で行われました。    山田氏は、ロッテに入団し、外野手としてプレーしました。引退後は、会社員を10年程務めた後、日本ハムファイターズのスカウトを... ………続きを読む

小児の脳脊髄液減少症

高橋浩一 (2009年3月10日 17:38) コメント(12)

先日、脳脊髄液減少症を患い、ブラッドパッチを受けたK.Sさん(14歳、女性)のお母様より御手紙を頂きましたので紹介します。 ............................................................................................................................................. ………続きを読む

お知らせ

高橋浩一 (2009年3月10日 17:23) コメント(0)

スポーツライター、佐野正幸氏が、文庫本「昭和プロ野球を彩った「球場」、物語を出版されました。 http://www.bu-plan.co.jp/   野球と戦前、戦後の日本の歴史、社会現象が垣間見れて、興味深く拝読させて頂きました。 以下内容紹介です。 球場にはそれぞれドラマがあり、一球場だけでも一冊の本ができるだけのネタがあります。本書は、プロ野球応援人生40年の著者がつづる、今は... ………続きを読む

ブラックジャックを探せ!

高橋浩一 (2009年3月 9日 17:16) コメント(0)

先日、夕刊フジに取り上げて頂いた「夕刊フジBLOG」です。 http://www.yukan-fuji.com/archives/2009/02/post_16794.html... ………続きを読む

いすみ市セミナー

高橋浩一 (2009年3月 9日 09:06) コメント(0)

先日、千葉県長者町で講演させて頂きました。    セミナーにはいすみ市長をはじめいすみ市副市長、千葉県教育庁、いすみ市教育委員会、千葉県議員、千葉県健康福祉部の方々など、患者様、その家族、教育関係の方々などに御参加頂きました。 私は特に小児の脳脊髄液減少症について話をさせて頂きました。 実際の症例を中心に、患者様から頂いた手紙、患者家族から頂いた声など話させて頂きました。 ... ………続きを読む

病に打ち克った!

高橋浩一 (2009年3月 5日 17:51) コメント(0)

2月6日のブログで述べさせて頂いた、脳脊髄液減少症で通院中にガンを患われたF.Sさん http://v.rentalserver.jp/takahashik.com/blog/2009/02/post-26.html   先日、お姉さまより御手紙を頂きました。   「先日、妹は無事に退院する事ができました。また一つ大きな山を乗り越える事ができました。」 「手術は無事終了し、再発... ………続きを読む

亀田 興毅選手

高橋浩一 (2009年3月 5日 10:33) コメント(0)

5年前、亀田兄弟は、生意気に映るパフォーマンスでプロボクシング界に現れました。  私は副業でプロボクシング・コミッションドクターをさせて頂いている関係で、まだ4年程前に興毅選手とお会いした事があります。  その時、あまりに礼儀正しい興毅選手を見て、テレビのパフォーマンスとのギャップに驚いたのを覚えています。ボクサーは概して皆、礼儀正しいのですが、興毅選手は、その中でも突出してい... ………続きを読む

御礼

高橋浩一 (2009年3月 3日 22:05) コメント(7)

ホームページを開設させて頂いてから3ヶ月以上経過しました。 開設当初は、Yahooで「高橋浩一」を検索しても、全くのランク外だったのですが、最近、ようやく一番上に小生のホームページが乗るようになりました。 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%80%80%E6%B5%A9%E4%B8%80&search.x=1&a... ………続きを読む

同期会にて

高橋浩一 (2009年3月 3日 19:14) コメント(0)

先日の大学時代の同期会にて、多くの同級生と久しぶりに再会しました。 その中に、斑目君も参加されました。 斑目君は元慈恵医大青戸病院、泌尿器科医師です。 腹腔鏡手術の結果が悪く、「人体実験」などと、マスコミに、こてんぱんに書かれました。 私は、学生時代から彼を人格者として尊敬していましたし、学位授賞も一緒でした。 事件がまさに渦中の時や、ペナルティーで医療停止処分を受けていた時、何度か電話で話... ………続きを読む

お知らせ

高橋浩一 (2009年3月 2日 16:38) コメント(0)

下記日程にて脳脊髄液減少症、特に小児例に関して講演させて頂くことになりました。 御都合よろしければ、是非、御参加下さい。   ・ 日時  平成21年3月6日(金)午後6時30分~8時30分 ・  会場  岬公民館 1F (大会議室)   電話 0470-87-6111 ・  主催  脳脊髄液減少症患者支援の会 ・  共催  いすみ市教育委員会 詳細は: 090216.pdf  をクリッ... ………続きを読む

同期によるお祝いの会

高橋浩一 (2009年3月 2日 06:36) コメント(0)

2年前に慈恵医大時代の私の同級生、安保雅博氏が慈恵医大リハビリテーション医学講座の主任教授に就任されました。 私の同期として、母校の教授就任は初めてです。 安保教授とは、学生時代に一緒にダンパや合コンに行ったり、卒業旅行でカナダに行ったりした仲でした。 学生時代から成績よりも、人柄の良さが際立つ存在でした。  この安保教授の就任を同期で祝おうと、 「同期によるお祝い... ………続きを読む