山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
[スポーツ選手のための] ケガに打ち克つメンタルトレーニング
ケガに打ち克つメンタルトレーニング
本体:1680円(税抜)
発行元:ベースボールマガジン社

購入はこちら
  

高橋浩一のブログ

2009年1月アーカイブ

メンタルトレーニング

高橋浩一 (2009年1月25日 08:56) コメント(2)

スポーツ心理学におけるメンタルトレーニングを学んでから、メンタルトレーニングの重要性を日々、強く認識しています。先日も、関東地区メンタルトレーニング・スポーツ心理学研究会で、東海大学・高妻容一教授をはじめ、スタッフの方々、参加者から多くを学びました。高妻教授はよく、一流選手と三流選手の違いを例に説明されます。例えば、結果の一つ、一つに非常に左右される選手は二流、三流選手が多いそうです。結果が良けれ... ………続きを読む

病は気から、治すも気から

高橋浩一 (2009年1月24日 18:16) コメント(3)

先日、関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会が行われ、参加してきました。この研究会に、私の友人、A.Eさん35歳、男性が参加されました。彼は関西の大学野球部で活躍されたスポーツマンであり、以前より、東海大学高妻容一教授のスポーツ心理学におけるメンタル・トレーニングの勉強を続けている経歴を持ちます。そのA.Eさん、昨年、大病を宣告されました。告知当初は、非常に落ち込み、弱気な発言も続... ………続きを読む

家族の心のケアの重要性

高橋浩一 (2009年1月20日 18:09) コメント(2)

T.S君彼が4歳の時、髄芽腫という悪性脳腫瘍を患いました。私は慈恵医大でT.S君を担当させて頂きました。T.S君は4回の手術と化学療法、放射線療法を受け、現在は元気に小学校へ通っています。しかし、ここまでの経過には、大きな、大きなハードルがいくつも、いくつも、気が狂う程あったと思います。 髄芽腫を患い、最悪の事態を宣告された 数ヶ月の入院生活 治療の選択、特に危険性、合併症の不安 小学校へ通学、髪... ………続きを読む

悲劇のヒロイン症候群

高橋浩一 (2009年1月16日 12:50) コメント(0)

先週1月6日発売の夕刊フジに小生のコメントを載せて頂きました。 http://www.yukan-fuji.com/archives/2009/01/post_16650.html... ………続きを読む

お知らせ

高橋浩一 (2009年1月13日 19:16) コメント(4)

明後日、1月15日の「夕刊フジ」の「ブラックジャックを探せ」のコーナーに小生の事を取り上げて頂く予定です。 よろしければ覗いてみて下さい。... ………続きを読む

「前向き」の大切さを改めて痛感

高橋浩一 (2009年1月12日 16:18) コメント(0)

新年の御挨拶、をたくさんの方々から頂きました。慈恵医大在職時、小児の脳神経疾患を患い、治療をさせて頂いた方々からも近況をお伝え頂きました。その中には脳腫瘍、水頭症などを克服された方々もいます。元気な笑顔の写真、かわいい着物を着ている写真などで成長した姿を拝見すると、数年前の、闘病が報われた気持ちで、非常に嬉しく思います。 一方で、不治の病に倒れた方々もいます。その中の一人に、Kちゃんがいます。最初... ………続きを読む

山王病院からの夜景

高橋浩一 (2009年1月10日 09:29) コメント(8)

昨夜の山王病院からの夜景です。 夜勤中の心を癒やしてくれます。 ... ………続きを読む

コンディショニング・シート

高橋浩一 (2009年1月 9日 20:51) コメント(2)

J.Kさん(女性) 原因不明の頭痛、全身の痛みなどのために、ほとんど寝たきり状態に陥りました。 しかし、J.Kさんは非常に前向きな方です。私が著書を出版する以前にお会いしましたが、出版前の原稿を読まれたかの如く、自分を前向きにする術をもたれていました。 結果、特にブラッドパッチなどの治療をせずに、回復され、現在、復職に向けて頑張られております。 J.Kさんから、体調向上のため、どのような工夫をされ... ………続きを読む

本年もよろしくお願いします

高橋浩一 (2009年1月 6日 19:08) コメント(2)

正月は、テレビでスポーツ観戦など、のんびりと過ごさせて頂きました。 社会人駅伝、箱根駅伝、白熱した展開に、新年早々、興奮しました。 高校時代、箱根駅伝に出たいと真剣に考えていた事もあったな〜なんて事を思い出していました。 そんな中、箱根駅伝では、順天堂大学の小野裕幸選手、昨年と同じ五区で、区間2位の走りに感涙でした。昨年の無念の棄権から、非常に辛い一年ではなかったかと推察します。 また、私にとって... ………続きを読む

新年、明けましておめでとうございます

高橋浩一 (2009年1月 1日 07:21) コメント(4)

新年、明けましておめでとうございます。 少しでも皆様のお力になれるよう、本年も「向上に集中」し、頑張る所存でおります。 昨年より、ホーム・ページを開設し、皆様の率直で貴重な御意見、御批判などを賜ってきました。 どれも勉強・参考になるコメントばかりでした。この場を借りて御礼申し上げます。 新年は、実家で家族とともに迎えることができました。全身、筋肉痛です。 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。... ………続きを読む